「忙しい!」から抜け出そう! タスクに追い立てられる日々からの脱出方法5選

「やることはたくさんあるのに、全然終わらない!」

「忙しいのに、誰も助けてくれない。なんで自分ばっかり、こんなに大変なの?!」

「明日も、あれがある、あさっても、あれがある。もう、どうしよう!」

そんなふうに、やるべきことに追い立てられ、いっぱいいっぱいになってしまうことって、ありますよね?

今日はそんな「あ~、忙しい!」「あ~、やることが終わらない!」から抜け出す方法を5つご紹介します。

「忙しい!」の解消方法1:一度その忙しさから離れてみる

「忙しい!」と思っているとき、一息つく時間も惜しくなるとは思います。

でも、もしPCの前にずっと座って、終わる当てもない仕事と取り組んでいるのでしたら、一度席を立って、伸びをして、台所(会社なら給湯室)に行って、コーヒーでも淹れてみましょう。

「忙しい!」は頭が大きく育て上げた魔物であることも結構多いのです。

コーヒーを飲んでも、やるべき仕事は減りませんが、「忙しい!」「終わらない!」と思っている頭で仕事をするより、クリアになった頭で仕事をしたほうが、案外はかどりますよ。

そして、ちょっと離れてみると、大きく見えた魔物は、さほど強くなさそうな小さな生物に見えたりもしてくるものです。

【参考記事】

仕事が忙しいときでも、平常心を保つヒント

 

「忙しい!」の解消方法2:「今」に意識を向ける

たくさんやることがあっても、1つ1つ、目の前のことに集中しているときには、「忙しい」などという感情は忘れているものです。

そうではないですか?

「忙しい」と思うのは、実は、目の前の仕事を頑張っているようでいて、意識が「次」に飛んでいるからなのです。

「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、忙しい!」と、自分が、先のことを考えているのに気づいたら、今、進行形で取り組んでいること以外は、タスクリストに書き出して、いったん、忘れましょう。

目の前のことに集中することで、気持ちは落ち着き、無駄なエネルギーの消費を抑えることができます。

【参考記事】

忙しくても心穏やかでいる方法:意識を「今」に向ける

 

「忙しい!」の解消方法3:タスクが残っていても、休む勇気を持つ

「小さいことにくよくよするな!」のリチャード・カールソンは言います。

「やるべきこと」のリストは、ここ当分のあいだだけあるものだと私たちは自分に言い聞かせる。片っぱしからやっつければ気分がすっきりしてハッピーになれる、と。

だが現実はちがう。リストの項目を一つやっつけるたびに新しい項目が出てくる。

これは、本当にその通りだと思います。

忙しいとき、「とにかくこの仕事を終えて、すっきりしたい!」と思うのですが、大抵、一つの仕事を終わらせると、次にやるべきことは出てきます(もしくは、頭に浮かんできます)。

ですから、「忙しい!」と思っているときでも、やるべきことを一度どこかに置いておいて、休息を取れるように心をコントロールすることが、「忙しい!」からの一番簡単な脱出方法です。

【参考記事】

死んでもやるべきことはなくならないから、一歩ずつの過程を楽しもう

と、分かっていても、難しいのが、この心のコントロールです。やることリストを潰さないと、心の安らぎは来ないと思っている人には、瞑想習慣を持つことをお勧めしたいです。

瞑想を1週間続けて感じた3つの変化とお薦めCD

「忙しい!」の解消方法4:むしろ「忙しい」を楽しむ

「忙しい!」といつも言っている人は、無理に予定を詰め込みすぎている人だったりします。

自分が「忙しい!」という状態を好んで作り出していないか、考えてみましょう。

そして、「予定はいっぱいあったほうがいい」と思っているのなら、本当は「忙しい」ことを楽しんでいるとも言えます。

それなら、もう、忙しくて、やることがたくさんある状態を楽しんでしまいましょう。

「過労死」という言葉はありますが、忙しい人がみんな過労で倒れるわけではありません。忙しくても、それを「自分が選択してやっていることなのだ」と思え、心からそれを楽しめれば、心や体を痛めつけることもありません。

また、「ストレス」自体も、それが「悪いもの」と思わなければ、体や心に悪さをしないというデータもあるそうです。

【参考記事】

長時間労働でも、楽しそうな人と悲壮感漂う人がいるのはなぜ?

ストレスによって死亡リスクが高まるのは、どんなとき?

 

「忙しい!」の解消方法5:やるべきことの取捨選択をする

上に「むしろ「忙しい」を楽しむ」と書きましたが、「本当はもっと休みがあったほうがいいのだけれど、どうしても予定がぎっしりになってしまって……」ということでしたら、やっぱり、予定を減らすことを考えるべきです。

  • 本当にやるべきこと、やりたいことはどれなのか?
  • 断ったり、他の人に頼んだりできることはないのか?
  • もっと先延ばしできるものはないのか?
  • あなたがそれをやらないと大変なことが起こるのか? そうでもないのか?

など、冷静に考えて、「やめたい」&「本当はやらなくてもいい」ものを探していきましょう。

冷静に考えればやらなくてもいいことを、「やらなくてはいけないこと」と思い込んでしていることも多いものですよ。

【参考記事】

本当に大事なものを大事にするために、足し算でなく引き算で考えよう

なにか参考になることがあれば幸いです!

インタビュー記事作成 プロフィール文作成キット

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)



【無料】素敵な仕事人紹介ブログからプレゼント!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です