【初心者のためのSEO基本知識2】SEO対策の第一歩はキーワード選定から

先日書いた「【初心者のためのSEO基本知識1】SEO対策って、何をすればいいの?」という記事は、多くの方に「分かりやすい」と言っていただけ、嬉しかったです。ありがとうございます!

今日は、上記の記事でも「今度書きます」と宣言した、「キーワードの探し方」について書こうと思います。

SEO対策というのは「狙ったキーワードでGoogleで上位表示をさせること」です。つまり、何かしらキーワードを決めなければ、本来的な意味でSEO対策というのはしようがないわけです。

なぜ、キーワードを狙うか?

本題に入る前に、「キーワードを狙う」ということについて、ちょっと書いておきます。

ブログの場合、書く目的は人それぞれですから、「純粋な趣味で書いているから、アクセスを増やさなくてもいい」「友達に見てもらえればいい」というのなら、SEO対策などしなくてもいいです。

でも、趣味のサイトでも、どうせ書くなら、多くの人に見てもらいたいですよね?

そういう意味では、一番Googleが評価するタイトルを「こんにちは」「こんばんは」「久しぶりの更新」なんてしちゃうのは、もったいないわけです。

(たとえば、自転車が趣味の人が新しい自転車を買った話を書くなら、「自転車、買ったよ!」より「〇〇メーカーの〇〇を買ったから、使用感を書くね!」というタイトルの方が、Googleにも引っかるし、そこから同じ趣味の人が来てくれやすくなるわけです。

また「今日は走ったよ!」より「〇〇県の〇〇ロードを〇キロ走破!」なんて方が、近くの人と友達になれるかもしれません)

趣味であってもそうなのですから、仕事ならなおさらです!

見込み客に来てもらって、あわよくば仕事を頼んでもらいたいと思ってブログを書いたり、サイトを作るなら、やっぱり「その記事」なり「あなたの仕事」なりを必要としている人の目につくようにしておかなくてはいけません。

ただアクセス数を増やすという観点だけでいいのなら、「特に狙っていなかったけれど、たくさんの人が検索してくれたから、ブログのアクセス数が増えてラッキー」でもいいです。

私のブログも、最初はキーワードなど考えていなかったので(このブログから仕事につなげようとも思っていませんでしたし……)、たまたま「心を満たす」「心に寄り添う」などというキーワードで検索する人が多く、その記事がアクセスを稼ぎ、ブログ全体のアクセス数の底上げをするという状況になっています(^_^;)

でも、「心を満たす」方法を探している人が、急に「あ、そうだ、プロフィールを変えたかったんだ。頼もうかな」とか「そうだ、起業するのにホームページが必要だよね」なんて思って、仕事を頼んでくれることなんて、まずありません。

遊部香

だから、ブログやサイトを仕事につなげようと思ったら、まずはターゲット(サイトやブログに呼びたい人)を明確にして、その人が検索しそうなワードを考え、そのワードで上位表示されるようにする必要があるのです。

それが「キーワードを決めて、狙う」ということです。

とは言っても、意外とキーワードを考えるって難しい

でも、このキーワード選定は、結構難しいです。

前回ちょっと、「就業規則」の仕事を獲りたい社労士の話を書きました。「就業規則」で上位表示するのは難しいから、「就業規則 服務規律」「就業規則 労働時間」など、様々なキーワードで記事を作るべきですよ、と前回の記事はそこまででした。

「就業規則」というキーワードが入った記事が多くなればなるほど、そのサイトは「就業規則」の専門サイトなのだとGoogleさんにも評価されるので、とにかく「就業規則+〇」という競馬でいう「流し」的な記事の作り方もお薦めです。

でも、社労士歴が長い人なら分かると思うのですが、社長から積極的に「就業規則を作りたい」「見直したい」なんて行動することは稀です。

できれば、そんな面倒くさいことは後回しにしたいわけです。

じゃあ、なんで就業規則に手を付ける気になるのかと言うと、「助成金を取るのに必要だから、就業規則をちゃんとしておかないと」とか、「この間、社員がやめるときに、揉めて大変だったから、事前に手を打っておくために就業規則は必要なんだな」とか、そういう流れだったりするのですね。

だから、就業規則の仕事を獲りたいのだとしても、困った社員にどう対応するべきかというトラブル事例を集めたサイトとか、助成金情報を集めたサイトを作っておくと、そこから就業規則の仕事が獲れたりするのです。

つまり、SEO対策というと、Googleというロボット的なもの相手の戦いだったり、交渉のように思う人も多いと思うのですが、実は、Googleをあいだにはさんだ、人と人との交渉なり、出会いなり、対話なんですよね。

遊部香

Googleの仕組みを理解していても、Googleの先にいる人間の心理を理解できないと、効果的なSEO対策はできません。

そういう意味では、SEO対策といっても、普通のマーケティングと同じで、まずターゲット・ペルソナの設定から土台固めをしていくことが大切だと思います。

キーワード選定に便利なツール

普通、SEOについて書くとしたら、キーワード選定に必要なツールについて厚く書くはずですが、私は文系人間なので、ツールの話に来るまでに熱くなりすぎました(笑)

上の「ターゲット」をしっかり考えて、本当に意味のある「キーワード」を考えるというところまでは人間の仕事です。

でも、たとえば、やっぱり「就業規則」を狙っていこうというのでしたら、次の2つのツールを使って、複合キーワードを探すのがお薦めです。

1 Googleサジェスト 

窓に「就業規則」と打ち込むと、それと一緒に検索されているキーワードがずらずらずら~っと一覧でダウンロードできるサイト上のサービスです。

どんな言葉が一緒に検索されているのかが分かります。

ただ、Googleサジェストだけでは、どの複合キーワードがどれくらいよく検索されているのか分からないので、「就業規則」と一緒に検索されることが多いキーワードを5,6個知りたいというだけなら、Googleの窓に「就業規則」と入れて、提案される複合ワードを拾うのでも充分かと思います。

最近知り合い(というのもおこがましい、月10万PV以上のサイトを運営している方)に教えてもらった「おむすび」というサイトは、視覚的にどの複合キーワードが強いのか分かり、こちらも便利!→ おむすび

2 キーワードプランナー

それぞれの検索ワードが月にどれくらい検索されているか調べられるツールです。

ただ基本的にこのサービスは、Googleで広告を出そうと思っている人のためのツールなので、広告費を使わず、無料で使うためには、コツがいります。

この「コツ」の部分は、しつこいですが、私は文系人間で、苦手な範囲なので、そういう説明が得意な人のサイトに飛ばします(^_^;)

私も非常にお世話になっているブログ集客のプロフェッショナル・松原潤一さんのサイトが、やっぱり親切で分かりやすいです。

【新時代!?】キーワードプランナーの月間平均ボリュームの詳細が出なくなってからのキーワード選定方法【絶対保存してね】

私は最近は、このキーワードプランナーで「100~1000」あたりの複合キーワードを狙っています(それより上は、競合が強い場合が多いので。ただ、「100~1000」くらいでも、実際にGoogleで調べると広告を出している企業が多いようなキーワードは、パスして、他のを考えます)。

「就業規則」の複合キーワードで上位表示を狙いたい人も、「就業規則 作成」「就業規則 服務規律」など複数候補を入れて検索してみて、いったいどれくらいの人が実際にその言葉で検索しているのか調べるといいと思います。

ビッグキーワードを狙いすぎても、成果がなかなか出ないですし、逆に誰も検索しないような言葉でSEO対策しても仕方ないですからね。

遊部香

キーワードプランナーの設定は最初、面倒ですし(ちょっと前までは上記のような面倒なことをしなくても使えたんだけど……)、「本当にお金、とられないの?」とびくびくしちゃいますが(笑)、でも、ある程度真面目にSEO対策をしたいと思うなら、最低でも、キーワードプランナーだけは使った方がいいと思います。

まとめ

長くなってしまったので、今日はここまでにしますが、今度は「Googleに評価されるのは、最近は、読む人に評価されるサイトになっている」ということについて、突っ込んで書いてみたいと思います。

Googleも賢くなっているので、まずはやっぱり、実際にいる「人」に本当に届く内容を書くことが、結果、SEO対策にもなります。

遊部香

「SEO対策って何?」「文系だから、そういうの苦手」という人でも大丈夫。

お客さんになってくれそうな人に、自分の売りたいもの(もしくは読んでもらいたい記事)の紹介を手紙に書いて渡して、その人が買ってくれる(読んでくれる)のなら、つまり、それだけ相手を理解する力と文章力があるなら、ネット上でも、何の問題もありませんよ!

ということが、今日、一番書きたかったことです。

でも、一応、今日の内容をまとめると……

  • 誰にサイトやブログに来てもらいたいかを考えて、キーワードを決める
  • そうすることで、仕事にも、質の良いアクセスにもつながる
  • キーワード選定には、便利なツールがある。最低限「キーワードプランナー」は使って欲しい

という3点です。

なにかお役にたつ内容が入っていたら嬉しいです。

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表・起業家支援ライター

千葉県市川市を拠点に「インタビュー記事作成」「理想のお客さんと仕事を引き寄せるプロフィール文作成」「ライターによるホームページ制作」などをしております。

書籍や雑誌の記事執筆、イベントの参加レポート作成なども承ります。
私の文章力でお役にたてることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

>> 詳しいプロフィールはこちら
>> オフィス言の葉のサイトはこちら
>> 月2回ほどメルマガも発行しています!


【無料】素敵な仕事人紹介ブログからプレゼント!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です