「子どもに関わるすべての大人」を癒したい:ヒーリングライアーセラピスト・高萩 美栄子さん

今日は素敵な起業家として、ヒーリングライアーセラピストの高萩 美栄子さんをご紹介します。

ヒーリングライアーというのは、私も初めて知ったのですが、写真に写っているこの「楽器」です。

バイオリンの共鳴箱がないような「楽器」で、なぜ共鳴箱がないのかというと、人の体の上に置いて、体の中の空洞を「共鳴箱」にするからなのだそう。

元々、ライアーというのは、ドイツ発祥のシュタイナー教育でピアノの代わりに使われているものなのだそうですが、共鳴箱を無くすことで、セラピーのツールになったとのこと。

身体に直に音が響き渡るから、それによって体のなかの氣などが整えられたりするのですって。気になります~。私も一回体験してみたい!!


14年保育士をしてきて、これからも

そんな、「ヒーリングライアー」を使ったセッションやカウンセリングをされている高萩さんですが、それまで14年間保育士をされてきて、今も保育士の仕事も少しされているそうです。

高萩さんも前回の「プロフィール文作成ワークショップ」に来てくださった方なのですが、最初の自己紹介では、「きっと私はずっと保育士でもい続けると思う」と言われていました。

保育士の仕事も天職なのでしょうね。

前回のワークショップでは、高萩さんが会場に一番乗りだったのですが、私とは初対面でしたし、私の知り合いの知り合いがfacebookでシェアしてくださったイベント記事を読んできてくださったということで、「知り合いの知り合いの知り合い」という遠いつながりでした。

でも、数年ぶりに友人と再会したかのように、「こんにちはー。あー、私が一番でしたね」と笑顔で入ってこられました。

高萩さんのその挨拶のおかげで、場の空気がふわーっと柔らかくなった気がしました。

よく子供は人の本性を見抜くと言いますが、長年保育士をして、子どもから慕われている人は、やっぱり天性の澄んだ心を持っているのでしょうね。

私は、人と打ち解けるのに時間がかかるタイプなので、高萩さんのオープンマインド、すごく見習いたい!と思いました。

そして、明るい挨拶。大事!!

保育の現場で大事なのは子供? お母さん?

ただ、高萩さんがフルタイムの保育士を辞めたのには、最初に勤めた保育園での出来事があったそうです。

その園では途中で経営者が代わり、「とにかく子供が大事」という教育方針に変わったのだとか。

高萩さんはそれまで、「子どもをしっかりケアするためには、子どもを育てるお母さんのケアが大事」という想いで、お母さんともしっかりお話をし、お母さんの不安を和らげるように心がけていたのですが、「それを真っ向から否定されたようだった」そうです。

そして、高萩さん自身、仕事や人生に対して少し不安を覚えるようになり、心理学を勉強したり、自分自身もカウンセリングを受けたりしたとのこと。

ヒーリングライアー 高萩さんそこで出会ったのが、ヒーリングライアーでした。

やっぱり、出会うべきものとは、出会う運命にあるんですね♪

高萩さんが今、提供されているヒーリングライアーのセッションには2種類あり、「何も考えず ただただ、じっくりとライアーの倍音に浸って疲れを癒したい、身体のメンテナンスをしたい」という方向けの60分コースと、「自分が今どのような状態なのか、この先どうなっていきたいのかを明確にして、その想いをしっかりとライアーに乗せてヒーリングする」120分コースがあるそう。

私も、春先は体と心がもやもやしがちなので、とっても気になります~。

ご提供メニューのご案内


そして、ヒーリングライアーは、自分で作るものというのもまた、気になったところです。

高萩さんは木を自分で彫って2種類のライアーを作られたのですって。

本当、気になる~。実物、見たい~。

 

高萩さんのプロフィール文

そんな高萩さんが仕上げてくださったプロフィール文はこちら。

高萩 美栄子(たかはぎみえこ)

しずくのはね代表

ヒーリングライアーセラピスト
子育てこころサポーター
保育士

1982年神奈川県生まれ。
神奈川県鎌倉市在住。
2002年駒沢女子短期大学保育科卒業

短大卒業後、保育士として2つの園に14年勤める。
その14年のあいだ、保護者や保育士、昼食を提供する栄養士などから子どものことや夫婦関係、人間関係など様々な相談を受け、子どものケアだけではなく子どもに関わるすべての大人のケアが必要だと感じるようになる。

最初に勤務した園では、途中で経営者が変わり、方針が年々変わっていくのに違和感を覚え、保育士の在り方について考えるようになる。それをきっかけに心理学を学ぶ。

その時期に出会ったヒーリングライアーの可能性に魅せられ、自身でも2016年より、ヒーリングライアーを使ったセッションを開始する。
ライアーは、元々はドイツ発祥のシュタイナー教育でピアノの代わりに使われている弦楽器だが、ヒーリングライアーには音階や共鳴箱がなく、クライアントの体自体を共鳴箱にして音を響かせるヒーリング専用の楽器である。そのヒーリングライアーを自ら製作し、使用している。
(2015年10月にタオライアー、2016年5月にソルフェジオ・ピッコリーノを製作)

自身が奏でる音は身体の奥まで響き渡りヒーリング効果が高いと定評がある。セッション中にリラックスして眠ってしまう人も少なくない。 また、クライアントの思いや願いを素直に音に乗せて体に響かせることができるので、セッションを受けた後は、自分らしくやりたいことをしていこうと前向きになられる方が多い。

ヒーリングライアーを使ったセッションと、ヒーリングライアーで心を開いてくださったクライアントとのカウンセリングを通して、「子どもに関わるすべての大人」を癒し、優しさの体験や笑顔が連鎖する社会を作りたいと想い、活動している。

好きなことは、空の移り変わりを眺めたり、花や樹など自然に触れること。

高萩さんは元々サイトにしっかりとしたプロフィール文を載せられていたのですが、より軸が通った、読みやすい文章が完成しました!

高萩さんは、プロフィール文にも書いているように、「「子どもに関わるすべての大人」を癒し、優しさの体験や笑顔が連鎖する社会を作りたい」という想いで活動されています。

そのひとつがヒーリングライアーを使ったセッションですが、14年も保育士をしてきた高萩さんに子育ての相談をしたい、という「カウンセリング」だけでも大丈夫だそうです。

本当、とても話しやすい雰囲気の方なので、お近くの(鎌倉市。大船のあたりだそう)、子育てにちょっと不安や悩みがある方は、気軽に相談されるといいですよ!

ライアーサロン*しずくのはね*

 


☆プロフィール文作成講座 第2回開催は

4月12日(水)13:00~16:00です。
千葉県市川市(東西線妙典駅より徒歩2分)開催ですが、「ほぼ東京都」ですので、東京近辺の方は是非、いらしてください!!

高萩さん・るこさんちささんのような素敵な方にも出会えるかも!

プロフィール作成ワークショップ

 

インタビュー記事作成 プロフィール文作成キット

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)



【無料】素敵な仕事人紹介ブログからプレゼント!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です