強みに集中すると、相互支援できる:持ち込みOKな喫茶店

去年、朝日新聞に「カフェ」を特集する欄がありました。

色々な変わったカフェを紹介する欄で、「おしゃべり厳禁」のカフェなどユニークな店も多く登場し、なかなか楽しませてもらいました。

そのなかでも、気になったのが「食べ物持ち込みOK」の沖縄の喫茶店の話でした。

お互いに店を紹介しあえば、相乗効果が生まれる

http://michikusa.sakura.ne.jp/その店は、那覇市から車で2時間ほどの本部市の町営市場のなかにあるそうです。

★自家焙煎珈琲まちぐゎーみちくさ
http://michikusa.sakura.ne.jp/
 https://www.facebook.com/michikusacafe/

店主である知念さんが、大学卒業後、地元である本部市に戻ったところ、すっかりシャッター街になってしまっていた。

そこで、まずは活気を取り戻すために「手作り市」などのイベントを始めると、少しずつ来る人が増え、市も市場の活性化にやる気を出し始めてくれたとのこと。

そんなところから始めたからでもあるのでしょう。

新聞で紹介されていた奥さんの沙織さんの言葉が素敵でした。

最近、よくお客さんから「サンドイッチでも出したら」と言われるんですが、うちはコーヒー主体でいいと思っています。よその店で食べ物を買って、うちで食べてくれればいい。

お互いに店を紹介しあえば、相乗効果も生まれます。それが、いろんな専門店が集まる市場の魅力でしょうし。

隣で豆腐屋の娘さんが始めた豆乳マフィンは、うちのコーヒーとぴったり合うんですよ。

素敵!

お客さんの立場では、「こだわりのあるおいしいコーヒーと、これまたこだわりのある豆乳マフィン」の方が、「こだわりのコーヒー+おまけでつくられたサンドイッチ」よりいいですものね。

でも、なかなかこんなふうに良い循環が回ることって、現実的には難しい。何かが、そういう循環を妨げている……。

一流の人ほど、強みに集中している

かくいう私も、苦手なことにまで手を広げて、器用貧乏になっている点が否めません……。

本当は、もっとWEBのシステム的なところとか、デザインは人に任せて、自分は文章に特化すればいいのに、つい「自分でもどうにかできるかも」なんて頑張ってしまう。

けれど、一流の人ほど、「自分の強みの部分以外は、さっと手を引く」のが上手いなと思います。

専門の知識やスキルがいることは、きちんと専門家に頼む。

自分が苦手としていることを得意にしている人がいるなら、任せてしまう。

そういう思い切りが、結果として「相互支援」になり、自分にもメリットになるんですよね。

そんなことを改めて考えさせられた記事でした。朝日新聞さん、いつもありがとう♪

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・小説家

東京出身・千葉県市川市在住
早稲田大学第一文学部卒

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

★小説家としては「九州さが大衆文学賞」「坊っちゃん文学賞(佳作)」などの受賞歴、佐賀新聞連載・小説NON掲載などの実績があります。

★ライターとしては、社会保険労務士の知識を活かし、産経新聞や人事系雑誌に執筆、共著出版などの実績があります。

>> 詳しいプロフィール
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント中!