成功するために必要な3つの力

成功するために必要な3つの力

素敵な仕事人のインタビューを21人の方にさせて頂き(1人分まだ未公開ですが)、自分自身、色々気づけたことがありました。

21人の方、それぞれに個性的で、自分らしい考え方を持ち、その方らしい活動を行い、結果も出されています。

ただ、そんな素敵な方にたくさん会って気づいたのは、意外にも、「素敵に見える人と、他の人の違いって、実はそんなに大きくないのかも」ということでした。

今日は、その、実際には「わずかな違い」ながら、結果としては「大きな差」を生み出す、「素敵な仕事人」と「まだ輝けていない人」の違いについて書いてみたいと思います。


「すごい人」は持って生まれたものが違う?

人は、「すごい人」を見ると、「持って生まれたものが違う」とか「あの人には才能があるから」と言いがちです。

私も、成功している人を見るたびに「それに比べて自分は……」「私には才能がないのかも」と落ち込んでみたり、身近にいた人が、いつの間にか成功者になっていたりすると、「あの人は運が良かったんだ」と思ってみたりしていました。

今までインタビューをさせて頂いた21人の人のなかには、誰でも知っている有名人はいませんが(個人的には「インタビューなんて受けるのは初めて」という人をどんどん発掘していきたいと思っています)、会社や協会を立ち上げて成功されている方や、著書を何冊も持っていたり、メディアに多数取り上げられている方も少なくありません。

つまり、今までは、「きっと自分とは違う世界の人なんだろう」「自分などにはない特別な資質を持っているのだろう」と、遠目に見ていただけの方にも、インタビューを通して、何人も会うことができました(以前からの知り合いでも、このブログがなければ、きっと一対一で会って話をする機会などなかっただろう、という方がほとんどです)。

その結果、気づいたのは、皆さん「想い」は素敵だけれど、一つずつの「行動」は、案外特別ではない、ということでした。

GRIT やり抜く力 の方程式

GRIT やり抜く力先日、朝日新聞の書評で気になって「GRIT やり抜く力」という本を買いました。まだ読み途中なので、この本の内容については、また詳しく書きたいと思いますが、この本の筆者が前半に書いている方程式は、私にとって、かなり納得感の高いものでした。

その方程式とは、

才能×努力=スキル  スキル×努力=達成

つまり、この著者は「才能」も大事だけれど、「努力」の方が大事。なぜなら、「努力」は2度掛けられるから、といっているわけですね。

そして、この「スキル」と「達成」を分けているところも、納得でした。

最初は、スキルを磨くための「練習」などという行動の「努力」ですが、ある程度、スキルが身に着いたら、スキルを磨くところでとどまらず、実際に試合に出るとか、仕事でつかえるか試してみるとか、「実践」という行動の「努力」が必要だということです。

実践するための努力(=行動)が大切

この方程式が本当に正しいのか、誰にでもあてはまるものなのかは分かりませんが、私自身は、これを見たとき、自分が「何も達成できていない」と今まで思ってきた理由が分かった気がしました。

私は自分を「努力家」だと思ってはいるのですが、「スキル」を磨く(勉強する)ことに重きを置きすぎていて、「スキル×努力=達成」の方の「努力」をあまりしてきていなかったのかもしれない……と。

それに対して、結果を出している人たちは、「才能×努力=スキル」の部分の努力よりも、「スキル×努力=達成」の方の努力(=行動)に力を入れていることが多い気がするのです。

以前いた会社では、社労士向けにセミナーを多く開催していましたが、成功する先生というのは、セミナーで学ぶ前から、そこで学ぶ知識を身に付ける前提で、すでに仕事を獲って来ていたり、長期間の講座なら、その講座中にお客さんを捕まえてきているのですよね。

つまり、ひたすら「実践」で鍛えている。

よく、「アウトプットを意識すると、インプットの質が良くなる」とも言われますが、その通りだと思います。

すぐその知識を生かして、実際に仕事をしないといけないとなったら、一分一秒、真面目に講座を聞き、分からないところは講師に質問するはずです。

積み重ねた「数」は減ることはない

img_4545私は、この「素敵な仕事人インタビュー」で人と会うのと同時に、仕事として起業家支援のライティング(プロフィールを作ったり、サイトの文章を代理で書いたり)もしているので、まだ成功する前段階の方にもお会いします。

そういう仕事のときも、今の仕事にたどり着くまでの人生や、今、大事にしている想いや、これから広げていきたい仕事についてをお聴きしています。

つまり、聴く内容は「素敵な仕事人インタビュー」と似ているんですよね。

そして、それぞれの方のお話を伺うと、皆さん本当、色々な経験をされて来ていて(年齢にもよりますが)、実はそれぞれ、素敵なんです。

でも、決定的な「素敵な仕事人」とそれ以外の方との違いをあげるとすれば、それは「自信」なんです。

そしてその自信のなさは、「自分には誇れるような経歴がないから」「自分には、実力を示せるような経験値がないから」というところにあることがほとんどです。

でも、最初は誰でも「誇れる実績」なんてないんですよね。

ただ逆に言うと、そこを乗り越えて、「最低限のスキルはある」と、えいやっと飛び込んでしまえば、数は増えていく。数というのは、急に増えるときと、増え方が緩やかになるときはありますが、減ることはないんですね。

そして、ひたすら続けて、他の人が「もうこれくらいでいいや」と思っても、やり続ければ、ある日、ちょっと周りからも注目されるくらい「特別」な存在になっている。

もしくは、やり続ければ、他の人には見えない、何か問題点や課題が見えてくるから、それを解決する方法を考え、実践に移す。そうすると、それは新しいから注目され、「特別」な存在になる。

もちろん、元々際立った「何か」を持っていて、初期の段階から特別な存在になれる人もいるのでしょうが、そうでないなら、「数をひたすら積み重ねる」のが、遠回りのように見えて、実は一番の近道なのかもしれない、と思います。

そして、「数を積み重ねる」ために必要なのは、「この方向に努力していくのは、間違いではない」という「自信」でもあります。

★ポイント★

つまり、成功するために大切なのは、

  1. 実績がなくても、まず1つ目、2つ目の実績づくりに乗り出すための勇気
  2. 3つ、4つと実績を増やしていき、半年から1年くらいやったとき、目に見える結果があまり出なくても、「続ければいいことがある」と信じて、やり抜く力
  3. ちょっと成果が出始めても、「まだもっと」と続けていくための想い(最初は自分のためであっても、少しずつ「世の中のために」と想いを広げて行かれると尚良いのかも)

かな、と、最近思い始めました。

何か参考になれば、幸いです♪

これからも「素敵な仕事人インタビュー」を通して自分が気づいたことを、ブログにも書いていきたいと思いますし、自身の仕事にも活かして、まだ自信の持てない方を励ます力になれたらな、と思っています。

 

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表・起業家支援ライター

仕事では主に、起業して間もない人、これから起業しようと思っている人に対する文章支援を行っています。「ライターが作るホームページ」サービスも人気です。

>> 詳しいプロフィールはこちら


成功するために必要な3つの力
【無料】素敵な仕事人紹介ブログからプレゼント!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です