しあわせな起業のヒント【6】蓄えるために稼がない

素敵な仕事人の共通点

「自分らしさで社会とつながり、しあわせに生き、しあわせに働いている“素敵な仕事人(起業家)”」の共通点から見えてきた、しあわせな起業のヒントその6は、

蓄えるために稼がない。

というか、

稼ぐために稼ぐわけじゃない。

というか、なんというか、お金との付き合い方にも、ヒントがありそうな気がしました。

お金は循環させるために稼ぐ

ジャンボさんはインタビューで、こんなふうに語っていました。

唐揚げ屋を始めたときは、とにかく自分が稼ぐということしか考えていなかった。でも、今は、役立つことをしてお金をもらって、それを循環させていきたいという思いが強くなってきた。
お金をもっと集められれば、チャレンジしたい人の援助もできる。

それから、さわとんはブログでこんなことを書かれていました。
※バックナンバーを見たけれど、該当記事が見つからなかったので、うろ覚えですが……

起業して良かったか、起業するときに不安はなかったかというような話で、「結果として、起業して良かった。やりたいことができるし、人とのつながりも広がり、深まったし……」みたいな流れで、お金については

「お金については、投資も結構したから、微妙ではあるけれど」

と。

でもさわとんは、問題なく妻トンと生活しているわけで、これはいわゆる「お金持ちになれたわけではないけれど」ということだと思うんですよね。

さわとんのブログやfacebookを見ていると、驚くほどの頻度で人のイベントやセミナー、講座に参加しているようですし(私がやや引きこもりがちだから、そう思うだけなのかしら……)、レコーディングをしてCDを1000枚作ったり、ライブ会場を借りてライブをしたりしています。

もちろん、そうやって動いて、たくさんの人とつながる中で、仕事が生まれ、お金も生まれているのだと思いますが、さわとんを見ていて思うのは、「お金を循環させているなぁ」ということなんです。

蓄えるのは不安だから、たくさん稼ぎたいのは自信がないから

新聞やニュースでは、年金制度は破たんするという話があったり、老後に必要なのは〇千万円の備えだとか、子供の教育費には〇千万円かかるとか、「もっと備えておかないと、あとで大変ですよ」という警告ばかり目にする気がします。

また、以前も書きましたが、社労士の開業講座などではよく「目標は年収2000万円」とか「時給は1万円以上に設定しましょう」というようなことも聞いてきました。

でも、そんなふうに考えるとき、「本当に自分に必要なのはいくらなのか」という視点が抜け落ちてしまっているように思います。

人間、生活するためには、ある程度のお金は、当然、必要です。
だから、それくらいは稼がないといけないし、ある程度は将来の収入の増減を考えて、備えておくのも必要です。

でも明らかに「目標年収2000万円!」というとき、それは「生活に必要かどうか」の考え方じゃないんですよね。

そこには他者の目がある気がします。

「年収2000万円も稼げたら、格好いいだろう。自慢できるだろう。人からすごいと思ってもらえるだろう」

という。

私も、以前は自分が自分の力でいくら稼げるかが、自分の価値につながる気がしていました。それで、自分の「時給」がいくらになっているのか、かなり気にしていたりしました。

でも、そんなの意味がないですよね。

必要なのは、自分が心地よく過ごせるだけの金額が自分の手元に残り、必要だと思うものに「投資」できる余裕を持てること。そこに、他者の目なんて、関係ないはずです。

それに、「必要なら稼げる」という自信があれば、むやみに蓄える必要もないんですよね。

自信があれば、お金も時間も投資できる

先日のソングレターアーティスト・安達さんのインタビューでは、

「キラキラしているか(for you か)
 ギラギラしているか(for me か)」

で人を見分けているという話がありましたが、

以前は営業もしないとと思って、異業種交流会で名刺交換もしたりしたけど、ああいう場は、自分も含めて、ギラギラした人ばかりで、あまり意味がなかったな。

今は、徹底的に目の前の人のために何ができるか考えるだけで、営業はしていないけれど、それでうまくいっている。

と自身の経験も語ってくださいました。

私も同じような経験をしてきました。でも、異業種交流会では「ギラギラ」した人になってしまった安達さんも、本当は徹底的に「for you」なキラキラした人なんです。私も、自分で言うのもなんですが、「人から搾取してやろう」なんてタイプではありません。

でもなんで、そういう場に行き、ギラギラした営業をしていたかというと(ま、私は結局逆にギラギラした営業の餌食になり、消耗して、逃げ出したタイプですが)、最初は自信がなかったからだと思うんですよね。

「自分のやっていることは人に喜んでもらえることだから、焦らずに活動していれば、その良さが伝わっていくだろう」と余裕が持てれば、ちょっと仕事が減ったときには、次のことを考える時間に充てたり、ボランティア的に誰かのために何かしたりする時間にできる。

そして、ちょっと余分にお金が稼げたら、それを未来の自分やこれから挑戦する人へ投資できる。
最近、人のイベントにお金を払って参加したり、フリーランスを始めたばかりの知り合いに仕事を頼むというのは、「投資」みたいなものだな、と思うんですよね。

大学時代、芥川賞作家の三田誠広先生の講義を受けていましたが、三田先生はこんなことを言われていました。

〇〇とか(たとえば村上春樹とか、東野圭吾とか)既にベストセラーになっている人の本なんて買う必要ありませんよ。
お金を出して買うなら、まだ有名になっていないけれど、この人はいい、これから伸びるぞと思う人の本を買ってあげてください。

この言葉、とても心に残っています。

そして最近、そういう意味での「投資」というか「応援としてお金を使うこと」をちょっと意識し始めました。

自分の仕事がすごい順調なわけでもないのに、人の応援なんて……と思わなくもないですが、でも、そんなふうに思う必要なんて、きっとない。だってみんな、「フラット」に平等だから(しあわせな起業のヒント【3】参照!)。

お金の循環を考える。

私も素敵な仕事人の仲間入りができるように(笑)

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表・起業家支援ライター

仕事では主に、起業して間もない人、これから起業しようと思っている人に対する文章支援を行っています。「ライターが作るホームページ」サービスも人気です。

>> 詳しいプロフィールはこちら


素敵な仕事人の共通点
【無料】素敵な仕事人紹介ブログからプレゼント!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です