意志疎通ができる人間とは?

相模原の障害者施設で起きたひどい事件……。

「どうしてそうなってしまったのだろう……」というもやもやした想いが渦巻くだけで、こういう凄惨な事件が起きたとき、いうべき言葉がいつも上手く見つけられません。

どんなひどいことをする人であっても、自分がその人と同じ環境で生き、同じような経験をしてきたのなら、本当に同じことをしなかったのか、と、どこかで考えてしまうし……

報道されていることは、とても真実っぽく、そして限られた時間の報道であっても、容疑者の辿ってきた人生のエッセンスはしっかりと集め、伝えているといわんばかりだけれど、本当はそんなわけはなく、所詮、一般の人が知る情報など、ほんのわずかな一部なわけです。
一般の人だけではなく、本当は、作っているメディア側の持っている情報も。

(このあたり、湊かなえさんの「白ゆき姫殺人事件」は上手く描いています)

だから、そんな確かかも分からない情報だけで、物事をとやかく言う気にはなれないのですが、でも、だからといって、コメントを発表する人が誰もいなくていい、というわけでもないと思います。

意思の疎通ができなかったのは

そんな、なんとなく、もやもやしていた今朝、たまたまつけたテレビ(サンデー・ジャポン)で爆笑問題の太田さんが言っていた言葉は、「あぁ、なるほどな」とすっと心に入ってきました。

録画していたわけではないので、正確な言葉ではありませんが、太田さんはこんな感じのことを言っていました。

容疑者は、意思の疎通ができない障害者を刺したと言っているらしいけれど、意思の疎通ができなかったのは、お前の方じゃないのかって思う。

一瞬、「え? どういうこと?」と思う言葉ですが、そのあとに、その理由が語られます。

色々主張があって、手紙とかも出していたらしいけど、でもその言葉が届かないということは、意思の疎通ができていないということ。

たとえちゃんと言葉が話せない赤ちゃんだって、泣いたりして何か訴えていたら、周りの人は“この子は何が伝えたいんだろう”と推測しようとする。

そうやって、周りの人に“何を伝えたいんだろう”と思ってもらえるような人間関係を築けないなら、それは“意思の疎通ができる”人間じゃないってことだよ。

太田さんらしい、ちょっときつめの言葉でしたが、言っている内容はとてもいいな、と感じました。



かなり前に、このブログでも「伝わったことだけがコミュニケーションの成果」という心理学の言葉を紹介しました。

その記事では、相手に正確に伝わらなかったのなら、受け取る相手ではなく、あなたの伝え方に問題があるのかもしれませんよ、ということを書きました。

でも、相手に自分の要望なり想いを正確に伝えるためには、使う言葉うんぬんの前に、最低限の人間関係の素地が必要なのだということを、太田さんの言葉は改めて教えてくれたように思いました。

よく「何を言われたかより、誰に言われたかを人は重視する」とも言われます。

伝えるための技術(話し方とか文章の書き方とか)を学ぶのもいいですが、本当に必要なときに自分の想いを人に伝えたいのなら、やるべきことはスキルの習得ではなく、「人間力」磨きなのかもしれません。

ほかのお薦め記事

相手に伝わらないのは、理解のベースができていないから

伝わったものだけがコミュニケーションの成果

★遊部香からのお知らせ★
このブログのインタビューを受けてみたい方を募集しています!
あと10月1名、11月2名、12月1名です。
詳細・お申し込みはこちら

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
インタビューライター


千葉県市川市を拠点に「インタビュー記事作成」「WEB文章設計・ライティング」などをしております。

が、このブログは8割がた趣味で運営しています(笑)

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本をいつか出版したいな、と思っています。

>> 詳しいプロフィール
>> オフィス言の葉のサイト



【無料】素敵な仕事人紹介ブログからプレゼント!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です