「あさが来た」で心に残った台詞:子供がいても100%の力で仕事をするべきか?

正社員時代は、朝早く出掛けなくてはいけなかったので、朝の連続ドラマ小説は見られなかったのですが、3年少し前に辞めてからのこの6クールくらいは、ほぼ毎日見ています。

6クールのなかの私のベストは「あまちゃん」ですが、「あさが来た」は2番目に良かったです。

 

ぶれない軸を持って生きる女性の話

「あまちゃん」は、海女を目指すのかと思いきや、急にアイドルになり、また地元に戻るという話で、決して一本の道を貫いた話ではありませんでしたが、そのとき、そのときの自分の想いを大切にして、今に全力でぶつかっていく主人公が共感を呼んだのだと思います。

それに対して、「あさが来た」の主人公は、ずっとぶれずに「嫁いだ家の商売を安定させ、さらに広げていく」「女性にも教育の機会を作る」という信念を貫きます。

自分にはこういう、ぶれない軸を持って生きる生き方は無理だなと思いながらも、いや、だからこそか、とても心に響いてくるものがありましたね。

とても男性的な主人公に対し、女性的で「文化人」の旦那さんがとてもいい味を出していました。

よっぽどあんたに失礼と違いますのか?

ただ、私の心に一番残ったのは、思春期の娘と喧嘩するシーンで、あさが口にした言葉でした。

高校生くらいだった娘が、「お母さんはずっとお商売が一番だった。私がどれだけ淋しい想いをしていたかなんて、全然考えてくれなかった」というような言葉をぶつけたとき、あさはこう返します。

「あんた言い訳にして仕事手ぇ抜いて、『ややこがいてたさかい失敗しました。すんまへんなぁ』言うてるほうが、よっぽどあんたに失礼と違いますのか?」

保育園に子供を預けて働く母親の存在が「当たり前」になってきている今でも、やっぱり「子供を小さいうちから預けるのはかわいそうじゃないか」と言う人もいます。

私も子供を5か月の頃から保育園に預けはじめたので、「さすがに早いのでは」という自分の心のなかにひそむ、ちょっとした罪悪感もあって、「かわいそう」と人に言われると、心が揺らいだりもしました。

でも、「女は家に入って当たり前。女性が結婚してからも働くなんて」と言われる時代に、ここまで強く固い意志を持って、道を切り開いてきた人がいたんだということは衝撃でした。

まだこの時点では、あさの言葉は娘に伝わらず、
「いつまで自分甘やかしたら気ぃ済みますのや!」
「せやけど…ずーっと甘えさしてくれへんかったんは、お母ちゃんやんか!」
という後味の悪い会話で終わるのですが……。

そのせいか、子供がいても仕事を100%こなさないと、それは子供に対して「失礼」になるのだろうか、という疑問を、この言葉は今も私に投げかけてきます。

私は「甘えさせてもらえなくて、ずっと淋しかった」と子供に言われるほど、仕事中心には生きられないと思いますし……。

きっと仕事と育児のいいバランスというのは、悩み、試行錯誤して、一人ひとり見つけていくものなのでしょうね。

来週から始まる朝ドラも、毎日楽しみにできるような話だといいな。

★更新情報はメルマガで!★
しあわせに生き、しあわせに働くヒントを、メルマガでもお届けしています。
今なら素敵な仕事人から学んだ「しあわせに働くヒント集」を無料プレゼント!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
インタビューライター


千葉県市川市を拠点に「インタビュー記事作成」「WEB文章設計・ライティング」などをしております。

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本や、素敵な仕事人の名言を集めた本を出版したいと思っています! 出版社とつなげてくれる方がいたら大歓迎♪

>> 詳しいプロフィール
>> オフィス言の葉のサイト
>> 遊部香のインタビューを受けたい方はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です