今の生活が「なんかしっくりこない」ときの自分との向き合い方

私は2週間に1度くらい、しっかり集中して自分と向き合う時間を作るようにしています。

頭のなかが「もやもや」しているときには随時、ノートに思いを吐き出したりもしますが、それとは別に、定期的に2時間くらい、まとまった時間をとって、自分自身と向き合ってみています。

 

自分自身と向き合う方法

向き合う方法としては、

1.今の自分の想いを見つめる

2.何かしっくりこないことがあったら、何にどうしっくりきていないのか、突き詰めて考える

3.どうしたらその「しっくりこない」感じが解消されるか考える

4.それだけですぐに解決策が思いつくようなら、解決策を書きだし、すぐにできそうなことを3つくらい箇条書きにし、まずは1つ実行してみる。

5.「3」→「4」で上手くいかない場合は、とりあえず今の問題は放っておいて、5年後なり10年後に自分がどうなっていたいのかのビジョンを考え、書きだす(もしくは少し前に書きだしていたのなら、それを見直す)

6.そのビジョンに近づくためにできそうな小さなステップを3つくらい考えて、書き出してみる。

7.「6」のステップを実行すると、もともとある「しっくりこない感」は解消されるか考えてみる。解消されそうなステップがあったら、とりあえずそれを実行してみる。

と、そんな感じです。

上は、「しっくりこない」ときの向き合い方でしたが、順調に行っているときも、

・本当にこの道を突っ走っていっていいのか
・今力を入れていることは求める未来につながることなのか
・もっと他に効率的な方法はないのか

ということを、定期的にチェックすることは大切だと思います。

特に、行動しているときは、その行動をすることで「頑張っている感」が出て、満足してしまうことがありますが、その行動が、本当に自分の求める未来に近づく方向に、自分を進めるものなのか、考えてみるのは大切です。




自分と向き合うのにお薦めの場所

ところでこういう、自分との向き合い。みなさんなら、どこでやりますか?

私は前は、スタバなどでやっていました。

でも、最近スタバも席と席の間隔が狭くなってきたのもあって、なんだか落ち着いません。

で、この頃、「ちょっと広いめの公園」がいい、ということに気づきました。

天候に左右されるのは難点ですが、公園のベンチなら、長時間いても嫌な顔はされませんし(ま、そういう感じの公園を選びましょう)、なによりいいのは、考えることに煮詰まったら、とりあえず歩き回って、気分を変えられることです。

歩き回ると、思考は前向きになるし、結構、重要!

これから春本番。色々な花も咲きます。

桜の時期は公園も混みそうですが、その時期だけ(もしくは桜の名所を)外して、公園に行ってノートを広げてみるのもいいですよ。

風の音や鳥のさえずり、ちらちらする木漏れ日など、公園は1/fゆらぎの宝庫ですから、心も落ち着き、無駄に「ガツガツ」した未来(年収〇千万円、みたいな)を「理想」と勘違いすることもなくなるように思います。

以上。お薦めな「自分との向き合い方」でした!

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表・起業家支援ライター

千葉県市川市を拠点に「インタビュー記事作成」「理想のお客さんと仕事を引き寄せるプロフィール文作成」「ライターによるホームページ制作」などをしております。

書籍や雑誌の記事執筆、イベントの参加レポート作成なども承ります。
私の文章力でお役にたてることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

>> 詳しいプロフィールはこちら
>> オフィス言の葉のサイトはこちら
>> 月2回ほどメルマガも発行しています!


【無料】素敵な仕事人紹介ブログからプレゼント!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です