頭が悪いのがコンプレックス?「頭がいい」「頭が悪い」ってそもそも何?

一昨日「人生がうまくいっていない人は「文章記述」が間違っている」という記事でご紹介した國分先生の本には、もう一つ面白いことが書かれていました。

それは「頭がいい」「頭が悪い」というときの「頭」というのは、実は「知能」「学力」「ソーシャル・インテリジェンス」など様々な意味を含むものだということ。

つまり、「頭がいい」「頭が悪い」と、私たちは普通に言いますが、本当はそう簡単に言い切れることではないんですよね。

「頭がいい」というときの「頭」の内訳

國分先生は、先に書いたように「頭がいい・悪い」というときの「頭」には、大きく分けて

・知能
・学力
・ソーシャル・インテリジェンス

があると言われています。

・そのうち知能・学力というのは「アカデミック」な尺度のもので、抽象の世界にどれだけ馴染めるかという能力だとのこと。

たしかに、「3/5 ÷ 5/6」を計算しようと思ったら、抽象的な概念を持たないと難しいですものね。

いい大学を出たとか、学生時代成績が良かったというのは「学力」の話です。ある程度「知能」もなければ、偏差値の高い大学には入れないと思いますが、そこそこの知能があれば、努力で補い、「学力」があると見せることもできます。

でも逆に、勉強できる環境になかった、他にもっと熱中できるものがあった(スポーツなど)という理由で、「知能」は高いのに「学力」が低いと評価され続けて「自分は頭が悪い」と思ってしまっている人も多いはずです。

「学力」は、「国語は得意だけれど、数学は苦手だった」などということがあるように、細かく細分化されます。

同じように「知能」も、推理力・解釈力・記述力・記憶力など、分類すれば何種類にもなり、すべてに秀でた人もいるかもしれませんが、大抵はばらつきがあるものです。

・「学力」「知能」が抽象的な世界だったのに対し、「ソーシャル・インテリジェンス」は、具体的な世界で適切にふるまう能力です。

たとえば、気の利いた話ができる、事務処理能力が高い、現実判断力がある、必要なときに必要な行動がとれる、上手に歌が歌える、などですね。




そのすべてに秀でている人などいる?

レオナルド・ダヴィンチなど、多くの分野で成功を収めた人もいますが、きっとそんな多彩な才能を持った人にも、ダメな部分というものはあったはずです。

たとえば経理の処理はできなかったとか、気遣いはあまりできなかったとか……。事実は分かりませんが。

私自身は、早稲田大学第一文学部を卒業しています。ですからある程度「学力」はありました。

ただ、実は高校からの指定校推薦だったので、高校で「いい子」にしていた部分も評価に加えられています。ですので、純粋な外部受検をしていたら、多分、自分は早稲田には入れなかっただろうな、というコンプレックスのようなものを、実は持っています(特に同窓の人に対して)。

また、若いころは「科学者」「建築士」に憧れていたのに、数学や物理の勉強に行き詰まり、文系に転向しました。ただ勉強に行き詰ったというより、空間把握力のようなものが、恐ろしく欠落しているようで、「この図形を反対側から見たら、どう見える?」などという問題は、さっぱり分かりません。

あと優秀な理系の人は、Aという道具をA本来の用途だけではなく、BにもCにも応用して使うことを閃けるようですが(宇宙船の事故を、そんな創意工夫で克服した映画もありましたよね)、そういう「応用力」も足りないような気がします。

「早稲田出身」というだけで「頭がいいんだね」と思われたり、言われたりすることもありますが、実情はそんなものです……。

ただ、だからこそ、國分先生の
「頭がいい・悪いと言っても、様々な要素があるのだから、自分が少しでも自信を持てる方を見て、それで“自分は頭がいい”と思いこんでしまえばいい」
という言葉には、救われる思いがしました。

理系的な知能はなくても、私はちゃんと本を読んで、要旨を理解して、文章が書ける。
その点では、頭がいいのだ!

……と、とりあえず思い込みます(笑)

まとめ:自分は頭が悪いというコンプレックスを解消したいなら…

これを読んでいる方のなかにも「自分は頭が悪い」とコンプレックスを持っている人は多いかもしれません。

そういう人は、上の分類から少しでも「これなら」と思えるものを選んで、「自分は頭がいい」と宣言してみてくださいね。

自己イメージが、未来を作ります!

★更新情報はメルマガで!★
しあわせに生き、しあわせに働くヒントを、メルマガでもお届けしています。
今なら素敵な仕事人から学んだ「しあわせに働くヒント集」を無料プレゼント!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
インタビューライター


千葉県市川市を拠点に「インタビュー記事作成」「WEB文章設計・ライティング」などをしております。

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本や、素敵な仕事人の名言を集めた本を出版したいと思っています! 出版社とつなげてくれる方がいたら大歓迎♪

>> 詳しいプロフィール
>> オフィス言の葉のサイト
>> 遊部香のインタビューを受けたい方はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です