エンプティチェアで「自分」とも向き合う

昨日「冷静に相手との対立を解決する方法」という記事で、人との感情的な対立を解決する一つの手法として「エンプティ・チェア」というものを紹介しました。

ただ、このエンプティ・チェアというのは、カウンセリングの現場でもよく使われる手法で、「自分自身と向き合う」ときにも威力を発揮します。

今日はそんな、もう一つの「エンプティ・チェア」の活用方法をご紹介したいと思います。

好きなことができない本当の理由

ちょっとだけ脱線しますが、1年ほど前にベストセラーになった心屋 仁之助さんの「「好きなこと」だけして生きていく。」という本。

「好きなことをやって生きていっていいんだよ」という優しいメッセージが散りばめられているのだろうと思い、本屋でぱらぱらめくってみたら、飛び込んできたのは、

「好きなことをするには一番嫌なことをする必要がある」

というメッセージ。「え? 苦労しないと好きなことはできないとか、そういう話?」と、本を閉じてしまいました。
(多分その日はあまり心に元気がなく、もうちょっと温かい言葉を欲していたのだと思います(笑))

……が、この言葉が真に意味していたのは、

「好きなことをやろうとすると、世間の目は冷たくなることが多い。
人から批判されることを恐れて、多くの人は、本当に好きなことをやる人生を選ばない。
でも、本当に好きなことをして生きていこうと思ったら、安定した生活を捨てるとか、人から褒められる生き方を諦めるとか、そういう”楽でないこと(多くの人にって”一番嫌なこと)”をする覚悟を持たないといけないよ」

ということだったようです。

それなら、納得です。心屋さんは他のところで、こうも言っています。

本当は、そんなふうに安定を捨てたり、人から非難される覚悟をもてないから、好きなことができないだけなのに、多くの人は

「やれない環境」を自分で作り出して愚痴を言う。

「時間がない」
「才能がない」
「誰も手伝ってくれない」
「お金がない」
「あの人が反対する」

「子供が」
「夫が」
「親が」
「上司が」
「みんなが」

「病気」になったりもする。

でも本当は、自分が「一番嫌なこと」を引き受ける覚悟ができないだけ。

なんか、刺さってくる言葉ですね。

自分自身に鋭く指摘してもらっても

と、「脱線」が長くなりましたが、人は、そんなふうに本当の自分の心から目を背けたり、もっともらしい行動の理由(本当は嘘の)を作って、自分の行為を正当化してしまうことも多いものです。

でも、気づかない振りをしていても、心のどこかで分かっていることも、実は結構あるはずです。

やりたいと思っているはずなのに、どうしても行動できない、
頑張っているのに、どうも思ったほどの成果が出ない。

そういった場合、心のブレーキがどこかで効いている可能性があります。

そんなときには、是非、2人の自分の「エンプティ・チェア」をしてみてください。

向かいに座らせる相手は、

  • 自分の嫌いな部分(行動力のない自分、変化を恐れる自分、内向的な自分など)
  • やりたいことをやって幸せそうにしている未来の自分
  • 言いづらいこともびしっと言ってくれる「辛口な自分」

誰でもいいです。

またちょっと話は少しそれますが、2年ほど前のベストセラーで、アドラーの心理学を紹介した「嫌われる勇気」という本には、「自分には短所しかない。自分が嫌いだ」という主人公が出てきます。

その主人公に対して「哲人」は「自分が嫌いだと思う、あなたの”目的”は、他者との関係の中で自分が傷つかないように、自分を守ることだ」と言い切っています。

「哲人」は主人公の「青年」とは違いますが、この本自体を「青年」と「年を取ったあとの青年」の会話だったと理解しても面白いと感じました。

あなたのやや問題がある行動や思考の原因を一番鋭くつけるのは、本当はあなた自身かもしれません。

まずは、エンプティーチェアーで自分の本音と向き合ってみましょう!

★こちらの記事もお薦めです。

自尊心を高める(1):自分で自分をどう扱うかが重要

★遊部香からのお知らせ★
このブログのインタビューを受けてみたい方を募集しています!
あと10月1名、11月2名、12月1名です。
詳細・お申し込みはこちら

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
インタビューライター


千葉県市川市を拠点に「インタビュー記事作成」「WEB文章設計・ライティング」などをしております。

が、このブログは8割がた趣味で運営しています(笑)

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本をいつか出版したいな、と思っています。

>> 詳しいプロフィール
>> オフィス言の葉のサイト



【無料】素敵な仕事人紹介ブログからプレゼント!


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です