直して欲しい点を相手にうまく伝える方法

コミュニケーションの第1ステップは
「自分と他人は違うと理解し、だからこそ相手の言葉に耳を傾ける」
ということです。

では第2のステップは何か、というと、
「相手を承認する」ことです。

自分と違うけれど、そんな相手を「認め、受け入れる」ということですね。

いい点と改善してほしい点がある場合

心理学のなかにも「承認」という言葉は出てきます。

その「承認」のなかには、「朝、笑顔で挨拶をする」とか「頼んだことをやってくれたら、ありがとうと伝える」というものから、「本人が気付いていない良い点を褒める」とか「激励する」というちょっと高度なものもあります。

褒めるというのは、得意な人と、不得意な人が分かれるかもしれません。

また、よく頑張っているんだけれど、もうちょっと変えたほうがいいところもある、という場合に、それを上手く「承認」として伝えるのには技がいります。

たとえばこんなとき、皆さんはどう言いますか?

  • 入社2年目のAさんに、B商品のモニターをお願いしたお客さん20人に電話をして、意見を拾ってくれるように頼んだ。
  • Aさんは期限内に20人に電話をして、意見をヒアリングし、レポートにまとめて提出した。
  • Aさんのレポートは、20人の意見が良い点と悪い点に分けて羅列されていた。
  • 私(上司or先輩)は、できたらAさんに、「今後の改善策」までをまとめてレポートに書いてもらいたいと思った。

ちょっと考えてみてください!

 

BUTでなくて

考えられましたか?

まず、
「期限内によくまとめたね」
というようなねぎらいや感謝の言葉は、はじめに浮かびましたか?

頼んだことはきちんとこなしたのですから、まずは承認の言葉を伝えるといいですね。

では、承認の言葉のあとはどうつなげたでしょうか?

「期限内によくまとめたね」
「でも」
「Aさんの考える今後の改善策も付け加えてくれないかな」

と、要求を「でも」でつなげませんでしたか?

もちろん、上記の言い方でも間違いではありません。ただ、受け手により「承認」をあたえるためには「BUT」ではなく「AND」でつなぐことを意識するといいと言われています。

上の場合は、
「期限内によくまとめたね。Aさんの考える今後の改善策がつくと、さらにいいね」
などとなります(日本語の場合、ANDの部分は省略したほうが自然なので、ここではニュアンスだけ残して、接続詞は省いています)。

自分が言われる立場だったら、受ける印象が変わると思いませんか?

なかなかこの「AND」は慣れるまで使うのが難しく、私も「でも」と言ってしまうことが多いのですが、意識していれば、2回に1回はきっと「AND」を使えるようになりますよ。

 

★プレゼント中!★
このブログのエッセンスをぎゅっと凝縮した
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・小説家

東京出身・千葉県市川市在住
早稲田大学第一文学部卒

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

★小説家としては「九州さが大衆文学賞」「坊っちゃん文学賞(佳作)」などの受賞歴、佐賀新聞連載・小説NON掲載などの実績があります。

★ライターとしては、社会保険労務士の知識を活かし、産経新聞や人事系雑誌に執筆、共著出版などの実績があります。

>> 詳しいプロフィール
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント中!
>> オフィス言の葉サイト



ABOUTこの記事をかいた人

遊部 香

オフィス言の葉代表・起業家支援ライター 「あなたの想いを 届く言葉に」をモットーに、主に起業家の文章支援をしています。