たまには強い言葉を使う

うつ病から立ち直った女性が、言っていました。

「心療内科に通って、もらった薬を飲んでいたけれど、先生と話をするのは5分くらいで、あまり自分のことを分かってもらった気がしなかった。

そんなとき、思い切って訪ねてみたカウンセラーに、そのときの状況を話したら言われたの。

それは、大丈夫。絶対、治ります』って。

そう言われて、そこに通うようになったんだけど、良かった」と。

 

言葉の力と薬の力

最近、日本でも、以前よりちょっとしたことで裁判などに訴える人が増えたせいか、それとも法律自体が色々厳しくなってきているせいか、『絶対、〇〇になります』と言い切る人は少ないように感じます。

特に、医療関係の人は、滅多に「絶対」などとは言わないですよね。

ただそのなかでも、敢えてリスクをとって『絶対、大丈夫』と言い切ることが、患者の力になるのだということを感じた話でした。

言葉には『言霊』があると言われますが、そんなスピリチュアルな話ではなくても、やはり、言葉の力というのは、思った以上に強いものです。

もう一つ医療関係の話をすると、同じ薬を「これは〇〇に非常によく効く薬です」と言って渡すと、何も効果を説明せずに薬を渡すよりも、高い効果が出るという実験結果もあります。

「フラシーボ効果」というのがあるのも、薬自体の効き目と同じように、言葉にも病気を治す力があるという証明ですよね。

「絶対」という言葉をあまり人が使わなくなった時代だからこそ、効果的に使うことを意識してみてもいいかもしれませんね。

このブログを毎日読むと視野が広がって、1か月後には絶対、人生が変わっていますよ!

 

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表・起業家支援ライター

仕事では主に、起業して間もない人、これから起業しようと思っている人に対する文章支援を行っています。「ライターが作るホームページ」サービスも人気です。

>> 詳しいプロフィールはこちら


【無料】素敵な仕事人紹介ブログからプレゼント!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です