弱みは強み:その欠点があるからこそできることを考えてみよう

先週は「自分の短所が気になるとき」という記事で、「短所は人に愛されるかもしれない大切な人間性の一部」であること、些細な短所からカミングアウトしてみたら、ということを書きました。

今日も「短所」のメリットを書いていきたいと思います。

「でくのぼう」だからこそ

昨年「村上海賊の娘」で本屋大賞を獲った和田竜さんのもうひとつの代表作「のぼうの城」(直木賞候補・本屋大賞2位・2012年に映画化)も、「短所」について学べる良い教科書です。

「のぼうの城」は、戦国時代を舞台にしたフィクションです(実在の人物も出てきますが)。

小説の主人公は、国の城主の息子なのですが、太っていてひとりで馬にも乗れないし、百姓にもバカにされているような人間で、「でくのぼう」の意味で「のぼう様」と呼ばれています。

頭もあまり良くないので、秀吉の軍が攻めてきて、良識ある大人たちが「秀吉に下ろう」と決意を固めているときに、勝手に「戦うぞ」と、使者に宣戦布告をしてしまい、さぁ、どうなるか、というのがストーリーです。
(その後、どうなったか、気になる方は、本を読んでくださいね)

ここでおもしろかったのは、戦になり、「田畑を捨てて城に籠もれ」と命令された百姓たちの行動です。

家臣が脅したり、説得したりしても田畑を捨てるなんて、と抵抗していた百姓が、「この戦を決めたのは、のぼう様だ」と聞くや、すんなり城に向かうのです。

なぜか?

それは、「のぼう様にはお世話になっているから」ではありませんでした。

そうではなくて、
のぼう様は、ひとりでは何もできないから、俺たちがいないと」と思ったのです。

この話はフィクションではありますが、なんとなく“あぁ、分かるな”と感じた人も多いのではないでしょうか?

 

その欠点があるからこそできることは?

松下電器を一代で築き上げた松下幸之助は、実は、体が弱かったそうです。

でも、なぜこんなに成功したんだと思いますか、と晩年、問われた松下幸之助は
体が弱かったからだ
と応えたそうです。

自分は体は弱いし、小学校しか出ていない、だからこそ、周りの人から助けてもらわなければやっていかれなかった、それが成功の秘訣だ、というわけです。

確かに松下幸之助が、体力も知能もすべてが完璧で自信があったら、自分ひとりだけの力でつっぱしる、中小企業のワンマン社長で終わったかもしれません。

先日紹介したメンタリスト・DaiGoさんの本にも書かれていました。

「(味方を利用しようとしたら批判されるが)、敵は思う存分利用しなさい」と。

敵というのは、気に入らない人間ではなく、自分自身の「短所」かもしれません。

「〇〇だから、××できない」と考えそうになったら、敢えて「〇〇だから、××できる」と思考を切り替えてみる。
「その欠点があるおかげで、逆にいいことはないかな」と考えてみるようにする。
……そんなことをちょっと心がけてみてはいかがでしょうか?

自分や人の欠点を受け入れられると、人との関係もまた変わります。

 

★遊部香からのお知らせ★
このブログのインタビューを受けてみたい方を募集しています!
あと10月1名、11月2名、12月1名です。
詳細・お申し込みはこちら

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
インタビューライター


千葉県市川市を拠点に「インタビュー記事作成」「WEB文章設計・ライティング」などをしております。

が、このブログは8割がた趣味で運営しています(笑)

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本をいつか出版したいな、と思っています。

>> 詳しいプロフィール
>> オフィス言の葉のサイト



【無料】素敵な仕事人紹介ブログからプレゼント!


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です