人は長所で尊敬され、短所で愛される

私はほぼ毎年、年末に、「もりちゃんを囲む会」という小説家・森沢明夫さんを中心に、ファンなどが30~40名ほど集まる飲み会に参加しています。

この会は、森沢さんが初の小説「海を抱いたビー玉」を出した頃から続いているものです。当時は森沢さんも、「小説も書いているマッチョなライターさん」という感じでした(笑)

今は、「虹の岬の喫茶店」が吉永小百合さんに気に入られて映画化されたり、昼ドラの原作を書いたり、新刊が出れば本屋で平積みされる「大先生」です。

が、変わらず参加者に気軽に「もりちゃん」と呼ばれ、ファンと同じだけの「会費」を払って「囲む会」に参加しています。そんな決して偉ぶることのない、「大先生」だからこそ、みんなに囲まれ続けるのだと思います。

そんな森沢さんが今年出された「癒し屋キリコの約束」という本(遼河はるひ主演で昼ドラになっていました)に、さらりと出てきた一言が、心に響きました。

「人ってさ、長所で尊敬されて、短所で愛されるんだよ。だから、どっちも大事なんだよ」

 

短所は隠そうとするから短所になる?

この言葉はキリコさんが口にした言葉ですが、その言葉を受け、主人公はこう考えます。

短所を必死にごまかして、どこまでも隠しきろうとしている人間は、愛すべきところまで隠してしまっているのかも知れない。つまり、人間性の半分の側面しか人に見せないから、その人はとても小さく見えてしまうのではないだろうか。

私はあまり弱い部分やダメな部分を人に見せるのが苦手なので(隠そうとしても、おかしな失敗などはしてしまいますけどね……。運動神経の悪さは隠しようもないですし(涙))、この言葉は、結構、心に響きました。

そして、「もりちゃん」があんなに愛されている理由も分かるような気がしました。

森沢さんに特に目立った「短所」があるわけではないですが、たとえあったとしても「別に短所が見えてもいいよね」と思っているような、「何か失敗しても、それはネタになるし、みんながそれで笑えるならいいよね」と考えているようなところがあるのです。

「短所」は裏返せば長所になるともよく言われますが、「短所」は隠そうとするから、却って見苦しくなって、「短所」になってしまうのかもしれません。

 

些細なものからカミングアウト

よく、人前で話さないといけないとき、「緊張しちゃダメだ」と思うと、どんどん緊張してしまうという話があります。

そういう場合は、逆に「あがってもいいや」と割り切り、あえて人前に立ったとき「今、あがってます」と正直に言ってしまった方がいいということもよく聞きます。
(もともと緊張するというのは、本来の自分よりも、自分を良く見せようと思うからだそうです)

話を聴く側も、「緊張していないぞ」という演技を見せられると、自分まで緊張して、体に力が入ってしまいます。すると場の空気自体がどんどん固まり、話す方はさらに緊張する……という悪循環が起こります。

誰も「完璧な人間」などいないと分かっていますし、完璧さを人に求めてはいません。

短所を敢えて目立たせる必要もありませんが、周りの人にポロリと見せてみる、思い切って短所をネタにしてみるなど、意識してみると、少しずつ自分の鎧も軽くなっていくかもしれません。

短所と一言でいっても、自分でどうしても受け入れられないものから、些細なものまであるかもしれません。その場合は、「些細」と思われるところから、軽くカミングアウトしていくといいかもしれませんね。

おまけ

私の場合は、「絵心ない芸人」を笑えないくらい、すごいセンスの絵が描けるのがカミングアウトしてもOKな短所です。
小学生を教えていた頃、生徒が眠そうにしていたら、絵を描いて笑わせていました。絵を描けば、ほぼ確実に笑いがとれました(-_-;)

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
インタビューライター


千葉県市川市を拠点に「インタビュー記事作成」「WEB文章設計・ライティング」などをしております。

が、このブログは8割がた趣味で運営しています(笑)

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本や、素敵な仕事人の名言を集めた本を出版したいと思っています! 出版社とつなげてくれる方がいたら大歓迎♪

>> 詳しいプロフィール
>> オフィス言の葉のサイト
>> 花の写真はインスタグラムで更新中

★遊部香からのお知らせ★
あなたを魅力的に見せるインタビュー記事を執筆します!



1 個のコメント

  • […] 先週は「自分の短所が気になるとき」という記事で、「短所は人に愛されるかもしれない大切な人間性の一部」であること、些細な短所からカミングアウトしてみたら、ということを書 […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です