仕事を辞めていいときはどんなとき?:辞めていいか客観的に判断するワークをご紹介

先日、厚生労働省が公表した「平成24年3月に卒業した新規学卒者の卒業後3年以内の離職状況」によると、大卒の3割強、高卒の4割が3年以内に離職するそうです。

 

◆新規学卒者の卒業後3年以内離職率

  • 大学 32.3% 前年比0.1ポイント減
  • 短大等 41.5% 同0.3ポイント増
  • 高校 40.0% 同0.4ポイント増
  • 中学 65.3% 同0.5ポイント増

今は、売り手市場ですから、転職を考える人の割合も、増加傾向とか。

明らかにブラックな企業でしたら、自分の身を守るために転職を考えた方がいいと思いますが、会社に入ってすぐ「この仕事(会社)は自分には合わない」と考えるのは危険です。

 

まずは冷静に考えてみる

先週は、進みたい方向に意識を向けようということを中心に書きましたが、意識を向けると、そちらに進むだけではなく、意識を向けたものが増えるという法則もあります。

ですから、「あー、なんか大変な仕事を頼まれた。嫌だ」と思い、そこに意識を向け続けていると、「そういえば、このあいだ上司にあんなことを言われた。あれも嫌だった。そうそう、同僚も大変な時に助けてくれなかったっけ。あー、この会社、嫌だ。この仕事、嫌だ」と、どんどん「嫌」なことに目が向いてしまい、良い部分があっても、そこは見えなくなってしまいます。

そんなときには、「会社と仕事に関するバランスシート」を作ってみましょう。

と、本田有明さんは著書で言われています。

バランスシートというのは、簿記などでいう貸借対照表です。難しいことはいいのですが、左側に「借方(資産)」、右側に「貸方(負債・純資産)」を書き、最終的には右も左も同じ金額になる、というものです。

つまり「会社と仕事に関するバランスシート」を作るというのは、今の会社や仕事に対する「嫌だなぁ」と思うこと(たとえば、仕事がきつい、上司が嫌な奴だなど)をたとえば10個書いたら、今の会社や仕事についていいと思えることも10個書いてみよう、ということ。

人間、ネガティブな気持ちになっているときは、なかなか物事のいい面を見られなくなってしまいますが、そういうときには、小さくても感謝できることを探すと、気分が少し上がると言われています。

このバランスシート作りも、同じような効果を発揮してくれるはずです。

自分なりの判断の軸を持つ

そしてこの本では、書いた「嫌だなぁ」と思う各項目について、縦軸・横軸を使った分析をすることを薦めています。

片方の軸は、それが「本質的な問題か、一過性の問題か」、もう一つの軸は「自力で解決可能な問題か、自力での解決が困難な問題か」です。

そうすると、各項目は、

1.本質的であり、自分での解決が困難な問題

2.本質的ではあるが、自力での解決が可能な問題

3.一過性ではあるが、自力での解決が困難な問題

4.一過性であり、自力での解決が可能な問題

の4つに分けられることになります。

本田有明さん曰く、転職していいのは「1」のときだけだということ。

ただ、これはあくまで本田さんの考えなので、あとはこういう意見を参考にして、自分なりの軸を作り、自分の力で、現状を「客観的」に判断できるようになるのが、一番理想かと思います。

私自身は、正社員になったことがある会社は2つで、どちらも4年ほどで辞めていますし、今はフリーで働いている身なので、強く「簡単に会社を辞めるな」という気はありませんが、できればマイナスの理由ではなく、「もっとスキルアップしたい」という前向きな理由で転職・離職する人が増えたらいいなと思います。

問題点を書きだすだけで、問題から距離を置いて、客観的に状況を判断できるようになるはずです。まずは、今感じている問題点を、紙に書きだすところから始めてみませんか?

★更新情報はメルマガで!★
しあわせに生き、しあわせに働くヒントを、メルマガでもお届けしています。
今なら素敵な仕事人から学んだ「しあわせに働くヒント集」を無料プレゼント!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
インタビューライター


千葉県市川市を拠点に「インタビュー記事作成」「WEB文章設計・ライティング」などをしております。

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本や、素敵な仕事人の名言を集めた本を出版したいと思っています! 出版社とつなげてくれる方がいたら大歓迎♪

>> 詳しいプロフィール
>> オフィス言の葉のサイト
>> 遊部香のインタビューを受けたい方はこちら



2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です