しあわせは、なるものではなく、気づくもの

今週は進みたい方向に意識を向けようということを中心に書いてきましたが、私に、「幸せになるためには、視点や考え方が大切」ということを一番分かりやすく伝えてくれたのが、ひすいこたろうさんでした。

以前も少し紹介しましたが、「名言セラピー」など数十冊の著書があるベストセラー作家さんです。

近所の本屋で、何気なく手に取った青い「名言セラピー」という本に一目ぼれし、家に連れて帰り、一気に読み、最後の「しあわせは、なるものではなく、気づくもの」という言葉に、ガンっとやられた気がしました。
(その頃は、小説家になれれば幸せになれるのに、と考えて生きていたように思います)

 

あなたの人生がつまらないと思うんなら……

その、ひすいこたろうさんが、また新刊を出されるそうです。

あなたの人生がつまらないと思うんなら、それはあなた自身がつまらなくしているんだぜ。 1秒でこの世界が変わる70の答え」という長いタイトルの本ですが、この「あなたの人生がつまらないと思うんなら、それはあなた自身がつまらなくしている」という言葉も、なんだか突き刺さりますね。

この本の発売を案内するメルマガで、お笑い芸人の千原ジュニアさんに関する1話を紹介されていましたが、千原さんの言葉も素敵です。
下記、 引用です。

「なんで千原さんの周りではそんなに面白いことばかり起きるんですか?」
に対しては、ジュニアさんはこう答えています。

「お笑い芸人の周りだけで面白いことが起きてるはずなんかない。
でも、わしらは人におもろい話をするって決めて生きてる。
だから、面白いものが引っかかるんや」

面白いことが起きる人は、日常のなかで、面白いことに視点(フォーカス)を当てています。
面白いことが起きない人は、面白くないところに視点を当てている。違いはそれだけです。

あなたはこの世界でなにを体験したいのか?
何を見たいのか?
何を大事にして生きたいのか?
何があなたのしあわせなのか?
そこを明確にしてみてください。

 

愛を持って行う

ひすいさんは、しあわせになる考え方を紹介するメルマガを、毎日発行し続け、メルマガからファンを増やした方です。

今は、1週間に1通ほどになっていますが、毎日メルマガを発行するということを、はじめは会社勤めをしながら、そのあとは書籍の執筆などをしながら並行して5年間続けられていました。

5年間、毎日続けるというのは、相当大変なことだと思います。しかも、ひすいさんのメルマガには、いつもきちんと愛情がこもっていて、流して書いたものではありませんでした。

でも、毎日書くのでも、義務のように感じて書くのか、幸せに焦点を当てる行為として続けるのかで、結果はまた変わってくるのでしょうね。

少し前に紹介したウエイン・W・ダイアー博士の言葉にもこうあります。

たましはただ、自分が愛するものになり、愛することを行うように励ますだけです。
何かを意味のあることにするのは、行為そのものより、その行為が生み出す波動です。

自分が体験したいこと、味わいたいことに焦点を当てて日々を過ごし、吸収し、愛を持ったアウトプットをする。
そんなことを私も意識していきたいと、改めて思います。

 

あなたの人生がつまらないと思うんなら、それはあなた自身がつまらなくしているんだぜ。 1秒でこの世界が変わる70の答え
あなたの人生がつまらないと思うんなら、それはあなた自身がつまらなくしているんだぜ。 1秒でこの世界が変わる70の答えひすいこたろう

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2015-11-19
売り上げランキング : 132

Amazonで詳しく見るby G-Tools

絶望は神さまからの贈りもの ゆるんだ人からうまくいく。 意識全開ルン・ルの法則 株式会社タイムカプセル社 十年前からやってきた使者 トイレの神様に聞いたヒミツの開運法 運呼の法則 HUG! today (小学館SJ・MOOK)

★遊部香からのお知らせ★
このブログのインタビューを受けてみたい方を募集しています!
あと10月1名、11月2名、12月1名です。
詳細・お申し込みはこちら

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
インタビューライター


千葉県市川市を拠点に「インタビュー記事作成」「WEB文章設計・ライティング」などをしております。

が、このブログは8割がた趣味で運営しています(笑)

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本をいつか出版したいな、と思っています。

>> 詳しいプロフィール
>> オフィス言の葉のサイト



【無料】素敵な仕事人紹介ブログからプレゼント!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です