羽田圭介「スクラップアンドビルド」の感想

又吉さんと一緒に芥川賞を受賞した羽田圭介さんの「スクラップアンドビルド」を読んでみました。

本を読む前に、バラエティー番組で本人を見、「変わった人だなぁ」という先入観は抱いていましたが、作品は、その「奇才ぶり」をしっかり生かしつつも、非常に骨太な作品で、好感が持てる「文学」でした。

文学好きにはお薦めの骨太な作品

この本のテーマは、同居する祖父の介護。毎日「もう死んだらいい」と言う祖父を希望通り弱らせるのが自分の使命だと考え、行動する30歳無職の男性の話。設定で主人公・健斗は「三流大学卒」ということになっているけれど、健斗の考えは、非常に偏っていて危険ではあるものの、ある意味では非常に賢く、その不思議な知的さが、おもしろい。

自分なんて死んだらいいと言い、できることが日々減っていく祖父の介護の話というと、ただひたすら重く、暗い印象を与えるが、決してじめじめはしていない。健斗がちょっとおかしな論理ながらも、しっかり自分の考えを持ち、その方針に沿って着々と行動していく様が、むしろ清々しい。

又吉さんの作品より「確かに純文学だ」という「文学性」を感じさせるけれど、決して読みづらくはなく、重いテーマの割に、楽しんで読める。
「スクラップアンドビルド」は、個人的には「こういう作品にこそ芥川賞を獲ってもらいたい」と思うタイプの作品だった。

誰に対してもお薦めという感じの作品ではないけれど、都合の良いハッピーエンドの娯楽小説になんとなく胡散臭さを感じてしまうような、ちょっとひねくれた文学好きにとっては一読の価値ありの作品だと思う。

スクラップ・アンド・ビルドスクラップ・アンド・ビルド
羽田 圭介火花 流 黒冷水 (河出文庫) ミート・ザ・ビート (文春文庫) アンチヘイト・ダイアローグ
by G-Tools

★プレゼント中!★
今、メルマガ登録頂いた方に、
「しあわせに生き、しあわせに働くための 10のステップ」プレゼント中!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
ライター・作家

東京出身・千葉県市川市在住

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本を来年あたり出版したいと思っています。

小説も書いています。文学賞受賞歴も多数あります。

>> 詳しいプロフィール
>> 遊部香のインタビューを受けたい方はこちら
>> 「しあわせに生き、しあわせに働くための10のステップ」プレゼント!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です