真のワークライフバランスって?:ライフも大切だけれど、ワークも大事

最近、日中住宅街にいることが多いせいか、ヤクルトレディをよく見かけます。結構、頼んでいる家があるのでしょうか?

生協の車もよく見かけますが、生協くらい様々な物を扱い、大量の配達があるならともかく、小さなヤクルト数本を配達していくだけでビジネスが成り立つというのは、不思議に感じることも。

 

保育所完備という求人

そんなふうに思っていた最近、ヤクルトレディを募集する求人チラシがポストに投函されていました。

街中で見かける配達員も若い人が多いなと思っていたのですが、「小さな子供がいるママ」にターゲットを絞り、「保育所完備」を大々的に謳うチラシで、ある意味、うまいなと感じました。

その保育所も、一般の認可や無認可よりずっと優遇された料金なので、手取りを考えたら、絶対お得ですよ、という見せ方。

サイトにも載っていました。
http://www.yakult.co.jp/yakultlady/hoiku/

※都市部ではフルタイムで働いていないと認可に入るのはほぼ不可能ですので、そういう意味でも「企業内保育所」は大きな可能性ではありますね。

ただ、このヤクルトレディ、パートではなく、あくまで「業務委託」で、ほとんど完全歩合のような制度になるようです。

ノルマはない、買取はないということですが、決して「楽」な仕事ではないような……。

それでもこのシステムが回り、続いているということは、「子供が小さくても、働きたい」と思う女性は多いということなのではないかと思います。

「ワーク」と「ライフ」

一般に「ワークライフバランス」という言葉は、「ワーク」は控えめにして、もっと家庭とか趣味も大事にしよう、という意味合いで使われます。

ただ、妊娠・出産を機に仕事をやめ、家事と育児だけになる生活というのも、ある意味「ワークライフバランス」が崩れた状態のように感じます。
(小さい子供の育児は、本当の「ワーク」以上にハードな「ワーク」ですが……)

もちろん、それを「崩れている」と感じず、楽しめる性格であって、さらに家計のために働く必要もない人ならいいのですが、そうでなければ、やっぱり人生には「ワーク」という社会とのつながりもある程度は必要なのではないかと私は考えます。

ヤクルトレディの募集は、その「ワークライフバランス」の見落とされがちな側のバランスに上手く焦点をあてて、成功している事例なのかもしれません。

政府も「企業内保育所」の設置は後押ししていますが、「企業内保育所」をパート・アルバイトの採用のために上手く活用できるところが、今後、伸びていくかもしれませんね。

 

★遊部香からのお知らせ★
このブログのインタビューを受けてみたい方を募集しています!
あと10月1名、11月2名、12月1名です。
詳細・お申し込みはこちら

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
インタビューライター


千葉県市川市を拠点に「インタビュー記事作成」「WEB文章設計・ライティング」などをしております。

が、このブログは8割がた趣味で運営しています(笑)

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本をいつか出版したいな、と思っています。

>> 詳しいプロフィール
>> オフィス言の葉のサイト



【無料】素敵な仕事人紹介ブログからプレゼント!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です