本当に大事なものを大事にするために、足し算でなく引き算で考えよう

昨日は「一歩ずつの過程を楽しむ」という記事で、やるべきことはこなせばこなすだけ、次から次から現れ、死んでも「やることリスト」はなくならないということを書きました。

だから、やるべきことを終わらせることをゴールにするのではなく、一つ一つの過程を楽しみましょう、と。

でも、やるべきことがたくさんある状態では、なかなか一つ一つを楽しめないでしょう。
そこで今日、提案するのは、「やるべきこと」自体を減らしてみようということです。

 

「断捨離」すると価値観が明確になる

大分前から「断捨離」という言葉がはやっています。数か月前には「フランス人は10着しか服を持たない」という本がベストセラーにもなりました。

これは、「物を減らす」話ですが、物を減らせば、物を探す時間や整理する時間、保守する時間など、時間も減らせます。

また、いらないものを決めて捨てるという行動には、自分の価値観が反映されます。
逆にいえば、自分の価値観が明確になっていないと、物は捨てられません。

そういう意味で、物と向き合いながら、自分の価値観を見直し、固め、その固めた価値観で、時間の使い方を見直すというのも一つの方法です。

忙しく「時間がない」と言っている人は、基本的に片づけもあまりうまくないことが多いですので(忙しそうに働いている優秀な人は、「時間がない」とは多分、言いません……。凡人がただ「こんなに色々なことをやっていたら忙しいだろう」と思っているだけで、本人はしっかり時間をコントロールしています)、物から見直してみるというのもいい方法かと思います。

 

時間の使い道は価値観に合っている?

時間から「いらない行動」を見つけるためには、面倒に感じるとは思いますが、1週間、自分が何に時間を使ったのか、ざっくりでいいので書き留めていくことがお薦めです。

それを以前紹介したように、「緊急かつ重要」「緊急ではないけれど重要」「緊急だけれど重要ではない」「緊急でも重要でもない」という4つの枠に分けていけるといいですが、ただ大雑把にその時間を増やしたいか、減らしたいか、なくしたいか書くだけでも効果があります

たとえば「テレビ 1日2時間」であっても、テレビから情報を得て仕事をしている人にとっては「増やしたい」かもしれませんし、ただぼんやり見るともなく見ているだけなら「減らしたい」時間になるかもしれません。

何にどう時間を使うか、それに正解はありません。
ただ、自分の価値観と時間の使い方が合っているか、合っていないかはあります。

 

本当に大事なものを大事にするために

数年前から、「ミニマリスト」という言葉も聞くようになってきました。

これは、「あれも、これも」と望んで手に入れようとする現代人の思考へ疑問を呈し、「人はもっと少ないもので、幸せに生きられるのでは?」と考える人のことです。

「忙しい、時間がない」という人ほど、どんどん新しい予定を詰めこんだり、新しいものをどんどん買ったりしがちです。

そして、「もっとあれが手に入ったら、もっとあれができたら幸せなのに」と、突っ走ります。

でも、一歩ずつの過程を楽しみ、人生が終わるとき、悔いが残らないのは、「もっと、もっと」と足し算で増やしていく人生より、本当に大事なものを大事にできるよう、それ以外のものを削っていく、引き算の生き方である気がします。

 

★更新情報はメルマガで!★
しあわせに生き、しあわせに働くヒントを、メルマガでもお届けしています。
今なら素敵な仕事人から学んだ「しあわせに働くヒント集」を無料プレゼント!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
インタビューライター


千葉県市川市を拠点に「インタビュー記事作成」「WEB文章設計・ライティング」などをしております。

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本や、素敵な仕事人の名言を集めた本を出版したいと思っています! 出版社とつなげてくれる方がいたら大歓迎♪

>> 詳しいプロフィール
>> オフィス言の葉のサイト
>> 遊部香のインタビューを受けたい方はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です