あの人はなんで?と思ったときに知っておきたいこと:本当に間違っている?

先日、「ストレスの原因は、出来事より「考え方」かも」の記事でも、「人は、自分の思考回路が「当然」だと思いがちですが、実はその考え方は正しくないのです」ということを書きました。

その記事では、「出来事→凝り固まった考え方→誤った感情」という流れが、あなたのストレスを作り出しているかもしれない、という話をしました。

この「凝り固まった考え方」が生み出した「誤った感情」は、人に向けられると、言い争いや、ギスギス感の原因にもなります。

今日は人との対立を生む「凝り固まった考え方」についてみていきましょう。

あなたの考え方は、「当たり前」ですか?

以前、台湾に旅行に行ったときの話です。

ホテルの朝食はバイキング形式だったので、私たちは先に上着とハンカチを空いている席に置いてから、料理を取りに行きました。

しかし、料理を持って席に戻ってみると、すでにお皿やジュース、大きな荷物が4,5個、置かれていました。
私たちの置いた上着やハンカチは、そのなかにひっそりと埋もれています。

「あの席、取っておいたのに」「あの上着とハンカチが見えないわけないのに」とちょっと腹を立てながらも、そこは“おとなしい日本人”。しかも中国語など欠片も話せない私たちはあきらめて、他の席を探しました。

改めて、上着とハンカチを取り戻しに先ほどの席に戻ってみると、中国人らしき母娘がそこに座っていました。
私は心の中だけで「ここ、取っていたのに……」と叫びながらも、「すみません」と小声でいい、彼女たちの料理にうずもれているハンカチを手に取りました。

すると、娘さんのほうが、
「あ、もしかしたらこの席、あなたが先に取っていたってことなのね」
というような感じの中国語を発し(中国語は欠片も分からないので、内容はただの推測です)、慌てて荷物と料理を持って、他の席に移って行きました。

そのとき、はっとしました。

私は「上着やハンカチを置いたということは、その席を確保したということに決まっている。それなのに、そのルールを守らないなんて、どういうことだ」と、腹を立てていました。

でも、そのルールは、私がそうだと信じているルールであって、世界共通、誰でもが知っていて、守っているルールではないのです。

あとで落ち着いて周りを見回してみると、日本人以外の宿泊客は、ほとんど先に料理をとり、それから席を見つけていました。

身近な人にほど同じ考え方を求めてしまいがち

海外に行ったり、自分とは違う世界(人種は同じでも、まったく違う仕事をしていたり、年代が違ったり)にいる人と出会うとき、人は「もしかしたら、私の考え方は、当たり前ではないかもしれない」と気づきます。

でも、同じ職場の人、さらには家族の人など身近な人に対しては、「同じ考え方で当然」と思いがちです。

そのため、たとえば会社なら、「FAXが届いているのに気づいたら、宛先の人に届けて当たり前なのに、あの人はやらない」とか、「会議の後は、一番勤務年数が短い人が白板をきれいにするべきなのに、あの人はやらずに帰ってしまう」とか、小さなことで苛立ちを募らせたりします。

もちろん、上記のことが会社でしっかり定められたルールで、入社時に全員に必ず研修で伝えられていることなのだったら、「そう習ったよね」と注意しなくてはいけません。

でも、そうでないのなら、もしかすると苛立っているのは、ただあなたがそうしなくてはいけない、と勝手に思い込んでいるだけのことなのかもしれません。

家庭ではさらに明文化されたルールなどないでしょうから、あいまいな部分が多く、だからこそ、「昨日は私がお風呂掃除をしたんだから、今日は夫がするべきだ」とか、「脱いだ服は洗濯機に入れるべきなのに、脱ぎっぱなしだ」とイライラしたりしてしまうのですね。

相手は自分とは違う人

でも、以前読んだ本にこんな言葉がありました。

「間違っている」と思うから、ギスギスする。
「間」を取って、ただ「違っている」と思えば、もっとうまくいく。

相手は自分とは違う人です。
人は自分の思い通りに動かなくて、ある意味当然です。

周りの人が自分の思い通りに動いてくれなかったときこそ、自分の考え方が本当に普遍的で“正しい”ことなのか見直してみるチャンスです。

「~べき」という固定観念が少ない人ほど、楽に、幸せに生きられます。

“この人は、なんで……?”と思ったときほど、幸せになれるチャンスと考えてみませんか?
みんなが自分と同じ人だったら、つまらないですよ。

 

★遊部香からのお知らせ★
このブログのインタビューを受けてみたい方を募集しています!
あと10月1名、11月2名、12月1名です。
詳細・お申し込みはこちら

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
インタビューライター


千葉県市川市を拠点に「インタビュー記事作成」「WEB文章設計・ライティング」などをしております。

が、このブログは8割がた趣味で運営しています(笑)

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本をいつか出版したいな、と思っています。

>> 詳しいプロフィール
>> オフィス言の葉のサイト



【無料】素敵な仕事人紹介ブログからプレゼント!


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です