「過労死」について考えること

最近、「長時間労働が原因で亡くなったから損害賠償を」という裁判が増えていたり、そこで大きな額の支払い命令が出たりして、「過労死」が話題になることも多いです。

社労士は、
「社員が過労死したら、何千万という損害賠償金を払わなくてはいけなくなりますよ。そうしたら、倒産しちゃうかもしれませんよね。その前にどうにかしましょう」
と、企業に警鐘を鳴らす立場にいます。

もちろん「過労死」する人は1人でも出してはいけません。

しかし、最近は学生のなかに、「過労死しないような会社に入りたい」と言う人もいるということで、なんかそれって、ちょっと違うんじゃないだろうか……と私は違和感を覚えたりしています。


実際、「過労死」する人の割合ってどれくらい?

厚生労働省が今年6月に発表した、平成26年度の「過労死等の労災補償状況」によりますと、
・「脳・心臓疾患に関する」支給決定件数は277件(うち死亡121件)
・「精神障害に関する」支給決定件数は497件(うち未遂を含む自殺99件)
でした。

つまり、昨年度、過労死や仕事が原因で自殺した人(未遂含める)が220人はいるということです。
しかし、今年(平成27年)7月のデータによると、雇用者数は5632万人といいますから、割合で考えれば、約0.00039%、つまり、256000人に1人ということになります。

もちろん、本当は過労死だったのに、労災として認められなかったケースもあるでしょうが、だからといって、桁が一つ違うほどではないかと思います。

繰り返して言いますが、「過労死」する人は、本当は一人でもいてはいけません。

でも、「過労死したくないから、大変そうな仕事は遠慮する」というのは、「飛行機が落ちるのが怖いから、海外旅行は一生しない」というのと、同じような”おかしな理屈”のように、私には感じられてしまうのです。




 

過労死の原因って?

なので、私なりに、「過労死」を考えてみました。

あくまで私の独自の考えですが、過労死の原因は大きく分けて2つだと思います。

■その1 ストレス■

どんなに仕事がハードでも、好きな仕事をしていたら、多分「過労死」はしません。

人間の体には自己治癒力というものがあって、少し風邪を引いたとか、お腹が痛くなったとか、そういうレベルの”不具合”なら、本来、薬など飲まなくても治ります。

病気が治らないのはなぜかというと、その自然治癒力を超えた病気があるとか(重い病気に掛かっている人は、治癒力がそちらを治すのに手いっぱいになっているので、風邪を引いた時に、そこまで手が回らず、肺炎になって、最終的に肺炎が原因で亡くなったりしてしまうのです)、自然治癒力が活発に活動するのを妨げる要因があるからです。

その自然治癒力の活動を妨げる、大きな原因が「ストレス」と言われています。

ただ、軽いストレスはあったほうがいいとも言いますし、同じ環境に身を置いていると、自分がストレスを感じているのか、麻痺してきてしまって、分からなくなってしまうということがあります(これが結構怖いことです)。

ですので、「最近、風邪がなかなか治らないな(もしくは、やけに頻繁に風邪を引くな)」とか、「頻繁に胃が痛くなるな」と思ったら要注意です。

労働時間の過少に関わらず、仕事がストレスになっている可能性があります。

※私は体が丈夫な方ですが、仕事のストレスがピークだったときには、肺に穴を開けました……(汗) 気胸という病気なのですが、女性の気胸は頻繁に再発する可能性があるから手術をしましょう、という話にもなっていましたが、結局手術しないまま、もう数年が経っています。仕事を辞めてからは、再発してないです。

(あ、でも、仕事にストレスを感じるというとき、悪いのは「仕事」だと思いがちですが、必ずしも、そうではないですよ。自分の仕事に対する考え方とか、自分と仕事の相性が悪いことも多いですから。→そのことは後日「ストレスの原因は、出来事より「考え方」かも」に書きました。)

 

■その2 睡眠不足■

一般的に「月80時間以上」残業すると、脳・心臓疾患が出るリスクが高まると言われています。

ただ、「月80時間以上残業をしている社員がいる」企業は7割だったというデータもありますし、「月80時間以上」残業している人は、決して珍しくありません。
つまり、「月80時間以上残業するような環境だったら、必ず過労死する」というわけでは、ないわけです。

労働時間を考えるとき、重要なのは「睡眠時間」とのバランスを考えることだといわれています。

労働時間が1日8時間だった場合、通勤・食事・身支度などに5時間、余暇をとっても、7.5時間寝られます。
それが、月45時間残業し、一日の労働時間が2.2時間長くなると、余暇の時間がなくなります(でも7.5時間寝ようと思えば、眠れます)。

月80時間の残業になると、1日の労働時間が平均3.7時間増えるので、睡眠に割ける時間が6時間になります。
同じように月100時間だと、睡眠時間が5時間になる、という計算になります。

厚労省の疫学的研究によると、
「一般に睡眠が6時間取れている人は睡眠不足による疲労の蓄積はないが、6時間を切る状態が2~6ヶ月続くと疲労が蓄積して血管病変を発症しやすくなり、5時間を切るようだと1ヶ月でも疲労の蓄積が見られるようになる」
と言われています。

若い人の方が体力がありますから、年配の人よりは倒れにくいかもしれませんが、若いからこそストレスに慣れていず、「睡眠不足からくる疲労」+「ストレス」で体を悪くしてしまう可能性は高いかと思います。

もともと脳や心臓・血管系の病気を持っている人は、特に気をつけなくてはいけません。

ただ、考え方によっては、労働時間が長くても、通勤時間が短いとか、労働時間中に仮眠を取れる環境があるとか、土曜日に10時間働いているから、月の時間が長くなっているだけで、平日1日6,7時間は眠れるし、日曜日は休めているから大丈夫、という場合もあります。

それに、必要な睡眠時間は、人それぞれという説もあります。

睡眠時間が毎日6時間を切る生活が続き、頭がうまく働かないとか、体からだるさが抜けないとか、不調を感じた場合は、早々に手を打つ必要がある、ということだけは覚えておくといいと思います。

 

ブラック企業は世間が騒ぐほどは多くない

人の死というのは、起こってしまったら取り返しのつかないことですから、当然、政府は力を入れて「過労死防止」の対策を打ち出します。

そのために、実際に起こってしまった事件を大きく取り上げて、「こんなことが二度とないように」という見せしめにすることもあります。

でも、ブラック企業は世間が騒ぐほどは多くありません。
そうだったら、世の中、過労死する人だらけのはずです。

これから社会に出る若い人には、そういうマイナスの情報だけ見ず、本当に自分をリスクから守るために、何に気を付け、何をしたらいいか、正しい情報を手にしてもらいたいと思います。

★更新情報はメルマガで!★
しあわせに生き、しあわせに働くヒントを、メルマガでもお届けしています。
今なら素敵な仕事人から学んだ「しあわせに働くヒント集」を無料プレゼント!
→ http://vitarals.com/post_lp/mag

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
インタビューライター


千葉県市川市を拠点に「インタビュー記事作成」「WEB文章設計・ライティング」などをしております。

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本や、素敵な仕事人の名言を集めた本を出版したいと思っています! 出版社とつなげてくれる方がいたら大歓迎♪

>> 詳しいプロフィール
>> オフィス言の葉のサイト
>> 遊部香のインタビューを受けたい方はこちら



2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です