本当に自分がやりたいことを見つけるための質問

特に何があったわけではないけれど、なんだか心が疲れているな、というとき、ありますよね。

そういうときは、もしかしたら、「人」のために、「自分」を殺し過ぎているのかもしれません。

それか、人の目を意識しすぎて、自分の動きが制限されてしまっているのかもしれません。無意識のうちに。

そんなときは、ちょっと立ち止まって、こんな質問を自分に投げかけてみては、どうでしょうか?


実際に、少し考えてみてくださいね

いいことをしても、誰も褒めてくれない、感謝の言葉もかけてくれない。

人と会って普通に話すことはできるけれど、みんな”普通の仕事をしているんだろう”と思うだけで、何をやっているか尋ねてくることもない。

お金持ちになることもできるけれど、持っているものをすごいと言われることもない。

そんな状況になったとき、あなたはどんな生活をしますか?

考えてみましたか?

誰にも後ろ指を指されなければ、本当は〇〇したいんだ、とか、いつも▲▲しているのは、本当はやめたいんだ、とか、誰に見られるわけでなければ、本当はブランドの鞄なんていらないんだよな、とか、本当の言葉が、自分のなかに見つかりましたか?

人に気づかれなくてもやりたいこと、が、本当の望み

自己啓発の本などには、「本当に自分がやりたいことをやりなさい」などという記述がよく出てきますが、自分をいつも押し殺していると、自分が本当にやりたいことも分からなくなってしまいます。

そういうときは、他人の目や評価をすべてゼロにして考える、上記の質問を自分に投げかけてみるのがお薦めです。

……こんなふうに、心がちょっとほっとしたり、元気になったりする考え方など52個が紹介されているのが、下記の本です。

さらりと読めるけれど、「はっ」とする章がいくつか見つかると思いますので、心をほどきたいとき、読んでみてくださいね。

 

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表・起業家支援ライター

仕事では主に、起業して間もない人、これから起業しようと思っている人に対する文章支援を行っています。「ライターが作るホームページ」サービスも人気です。

>> 詳しいプロフィールはこちら


【無料】素敵な仕事人紹介ブログからプレゼント!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です