相手の成長を信じて待つことは難しいから、こんなふうに考えてみよう

部下や後輩を育てなくてはいけない、子供を育てなくてはいけない、人間、「大人」になるということは、人を育てる側に回るということです。

でも、人を育てるというのは、経験してみると、思った以上に大変なことです。

それは、人を育てるためには、まだ未熟に見える相手の力を信頼して何かを任せ、「見守る」ことが大事だからです。

相手が未熟であればあるほど、任せることも、手や口を出さず「見守る」ことも難しいことだと感じるはずです。
今日は相手を信じて待つことについての名言をご紹介します。


相手の成長を待つ大切さ

私は、10年ほど塾の講師をしてきた経験があるのですが、その10年間で学んだのは、

「相手の成長を信じて待つ」ことの大切さでした。

たとえば、子供の成績は、講師が一生懸命に教え、子供がそれを家で頑張って復習しても、一朝一夕に伸びるものではありません。

そう分かっていながらも、成績が思うように上がらないと、「この子は実は家であまり頑張っていないんじゃないか?」などと、疑いの気持ちがわいてしまうこともあります。

今、部下や後輩、子供を育てている人も、「彼(彼女)は、本気で取り組んでいるのだろうか」「本気で成長しようと思って、努力しているのだろうか」などと疑いの気持ちを持ってしまうことがあるかもしれません。

 

今でも心に残っている言葉

でも、そんなときには、一番初めに勤めた塾(まだ大学生の頃のアルバイトです)の研修で聞いた言葉です。

「教えるというのは、色のついたコップに水を入れ続けるようなものです。
 コップには色がついているので、外からはどれくらい水が入っているか分かりません。
 でも、水を入れ続けていたら、いつかは必ずあふれます。
 今、あふれなくても、水はコップの中にたまっています。
 だから必ずあふれると信じて、水を入れ続けましょう」

150806_2人の成長は決して、X=Yのような、右肩上がりの分かりやすい直線にはならないと思います。

むしろ、下記のような曲線になることが多いと言われています。

初めの、なかなか成果が出ない段階では、相手の力や成長に疑いを抱いてしまうことがあるかもしれません。

もしかしたら、自分がなにか新しいことを始めたときにも、自分の力や成長を信じられなくなるかもしれません。

でも、そのコップは、もしかしたらあと1滴で溢れ出すかもしれません。

諦める前に、あと1滴入れてみませんか?

 

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)



【無料】素敵な仕事人紹介ブログからプレゼント!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です