「イライラする自分」を嫌ってはいけない大きな理由とは?

口にするべきでない怒りの言葉。

でも、つい口が滑ってしまって、あとで後悔……なんてこと、ありませんか?

特に、親しい友人や、家族などには、ちょっとした「余計な言葉」、言いやすいものですよね。

会社の人間関係では、もうちょっと気を遣って、口を滑らす回数も少ないと思いますが、それでも忙しかったりして、自分自身に余裕がないと、「どうして、●●しておいてくれなかったの」とか、「それくらい、言われなくてもやっておいてよ」など、部下や後輩に言ってしまったりしないでしょうか?

いや、もしかしたら、こういう言葉を言えないがために、心の中にこういう心の叫びを貯めてしまって、毎日疲労困憊……という方も多いかもしれませんね。

怒りの奥にある感情?

でも、ちょっと冷静になって、自分はどういうとき、誰に対して怒りやすいか、考えてみませんか?

怒りの対象は「知り合い」程度の人ではなく、親しい人ではないですか?

心理学の世界では、「怒り」は「二次感情」と言われます。

怒りというのは、実は怒り単体で発しているものではなく、奥に本当の感情が隠れているものだ、という意味です。

たとえば、恋人や仲の良い友達と数日後の夜に会う約束をしたのに、「他に用事ができちゃって」と言われた。

その「他の用事」というのが、仕事ではなく、他の友達に会うことだったとか、自分の趣味のイベントに参加するためだった、ということが分かったとき、口に出して相手を非難するかはともかくとして、「え? なんで?」と腹が立ちませんか?

でもこのとき、なぜ腹が立ったのかというと、その奥には、「私より、他の友達(趣味のイベント)の方が大切なんだ。自分はそれ以下だったんだ。淋しい(悲しい)」という感情があるからです。

部下が頼んだとおりに仕事をしてくれなかったときも

また、部下や後輩に頼んでいた仕事が指示した時間までに、指示した形ででてこなかった。そのときにも、「ちゃんと頼んだのに、なんで?」と思ったりします。

でも、このときにも裏には怒り以外の感情もあります。

それは、「●●さんなら、私が頼んだとおりにやってくれると思っていたのに、残念だな」という思いです。

頼んだことを100発100中で忘れる部下(そんな人がいたら、クビにしたいところですが……)だったら、「あぁ、やっぱり」と思うだけで、もはや腹も立たなくなってくるはずです。

(腹が立つとしたら、この場合は、違う意味ででしょうね。「この会社は、人を見る目があると思っていたのに、こんなダメな人まで雇い続けて、まともな人間を疲弊させるなんて、失望した」というダメ部下よりも、他のところに対する怒りです)

そう、腹が立ったということは、あなたは本当はその人に「期待」していたのです。

考え方を転換するだけで、ちょっと楽になる

そう考えると、ただ「あー、もう、腹が立つ」と思っていたときより、少し対処法も分かり、自分の気持ちも整理でき、すっきりしませんか?

頻繁にイライラする自分は、多くの人に「期待」できる人間だったということでもあります。

そしてもし、自分の「怒り」の裏にある感情をしっかり捕まることができたら、怒り自体ではなく、そちらの感情の方を口にできるといいですね。

約束を反故にされたのだったら、恨みがましく聞こえない程度に「私は〇〇と会うのを楽しみにしていたから、とても残念」だとか、部下が期待通りの仕事をしてくれなかったのだとしたら、「〇〇にならできると思って頼んだのだけれど、残念だった」とか。

人は感情の動物です。

でも、言葉という素敵なツールも持った動物です。

感情と言葉というツール、有効に活用しませんか?

是非、こちらもお読みください!

★遊部香からのお知らせ★
このブログのインタビューを受けてみたい方を募集しています!
あと10月1名、11月2名、12月1名です。
詳細・お申し込みはこちら

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
インタビューライター


千葉県市川市を拠点に「インタビュー記事作成」「WEB文章設計・ライティング」などをしております。

が、このブログは8割がた趣味で運営しています(笑)

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本をいつか出版したいな、と思っています。

>> 詳しいプロフィール
>> オフィス言の葉のサイト



【無料】素敵な仕事人紹介ブログからプレゼント!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です