起業するとき、自分の「強み」を見つけるヒント

起業するとき、まずは他の人と違う自分の「強み」を探す人が多いと思います。

でも、単体で突出した才能を持っている人はめったにいません。

「すでに活躍している〇〇さんと比べたら、自分なんて……」と思ってしまうことも多いでしょう。

でも、そんなときにヒントになる考え方があります。以前、独立しようとしたとき、先輩に教えてもらった考え方です。

それは、

自分の得意なことを2つ掛けあわせて、勝負すること。

たとえば、

「文章を書くのが上手い」ということで、勝負しようとします。

そうすると、ライバルはうようよいます。

でも、自分が得意な2つともを得意な人は少ないのです。

小説家など、芸術系の人は除くとしても、経験豊富なライターとか、有名なコピーライターとか、ブログを書くだけで食べていかれるようなプロブロガーとか、自分より文章力がある人は、世の中にはたくさんいると思います。

でも、

「社労士の資格を持っていて、人事労務関係の知識がある」という強みと、

「そこそこ文章も書ける」という強み、

2つを掛け合わせると、ぐっとライバルが減り、私は仕事を得ることができました。

こちらから営業しなくても、「メルマガを代わりに書いて欲しい」「書籍を書く手伝いをして欲しい」など、複数の社労士事務所から仕事を依頼されました。

傑出した才能がない人にこそ有効

2つの「強み」の両方が強力だと、きっと、今、大注目を集めている「新・芥川賞作家」「お笑い芸人」のピース又吉さんみたいになるのでしょうが(印税、億だって!)、そこまで傑出した才能がない人にこそ、この「●×▲理論」は有効だと思います。

「●●は、得意かは分からないけれど、好きでずっと続けてきた」

「自分はそこまで、と思っているけれど、●●がうまいと、知り合いには言われる」

「プロの人にはとても敵わないけれど、●●することなら、平均の人以上ではあるかな」

そんなレベルでもいいから、「ちょっと人より優れているかも」と思えるものを探すところから、自分の「勝負できる場所」を見つけてみませんか?

自分の強みは、自分では「当たり前」すぎて気づけないもの。強みをうまく見つけられなければ、第3者にアドバイスをもらうのも良い方法です。

起業しようかどうしようか、自分には何ができるのだろう、と、もやもやしている方に対するインタビューという形式を使ったカウンセリングサービスを行っています!

インタビュー記事作成 プロフィール文作成キット

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)



【無料】素敵な仕事人紹介ブログからプレゼント!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です