女性の約半数が管理職意向?

進化し続ける

先日、エン・ジャパンが、「女性のキャリア意識に関する調査結果」を発表しました。

それによりますと……

「エン転職 WOMAN」を利用している20歳代―40歳代の女性1994人に、
「管理職になりたいと考えているか」を尋ねたところ、

  • 「管理職になりたい」(16%)
  • 「どちらかといえば管理職になりたい」(30%)

と「管理職になりたい」の合計が約半数だったそうです。


管理職になりたい理由は

  • 「収入を増やしたい」(78%)
  • 「仕事のやりがいを感じたい」(70%)
  • 「自己成長したい」(54%)

の順で、

一方、管理職になりたくない理由のトップ3は

  • 「家庭やプライベートを優先したい」(61%)
  • 「業務負担が重い」(47%)
  • 「プレッシャーなく働きたい」(44%)

でした。

つまり「管理職になりたくない」女性は54%

エン・ジャパンが発表した記事のタイトルは「女性の約半数が管理職意向」でしたが、54%は「管理職になりたくない」「どちらかといえば管理職になりたくない」と答えています。

現在、現状の女性管理職比率は6.6%ですので、それに比べれば「46%」が管理職を希望しているというのは大きな数字です。

でも、同じアンケートを男性にして、46%が「管理職になりたい」と答え、54%が「管理職になりたくない」と答えた……という記事だったら、どういう印象になるのかな、などということを考えてしまいました。

※ちなみに先日、日本生産性本部が発表した今年の新入社員意識調査では、

男性の約65%の人が、課長以上になりたいと答えていました。
女性は30%程度。
http://activity.jpc-net.jp/detail/lrw/activity001445/attached.pdf

話は微妙に変わりますが、最近流れている掃除機のCMが気になっています。

旦那さんがスリングで赤ちゃんを抱っこしながら、片手で掃除機をかけ「こんなに軽い」というCM。

奥さんはキッチンで、笑ってその姿を見ています。

でもこれ、旦那さんと奥さんの立場が逆だったら、きっと「なんで旦那さんは笑ってみているだけで、育児も家事も女性がしているんだ」とお叱りの声など出てくるんだろうな……などと考えてしまいました。

政府のいう「女性の活用推進」には、まだまだ見えないところにたくさん、「意識の壁」みたいなものが潜んでいそうです。

 

★遊部香からのお知らせ★
このブログのインタビューを受けてみたい方を募集しています!
あと10月1名、11月2名、12月1名です。
詳細・お申し込みはこちら

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
インタビューライター


千葉県市川市を拠点に「インタビュー記事作成」「WEB文章設計・ライティング」などをしております。

が、このブログは8割がた趣味で運営しています(笑)

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本をいつか出版したいな、と思っています。

>> 詳しいプロフィール
>> オフィス言の葉のサイト



進化し続ける
【無料】素敵な仕事人紹介ブログからプレゼント!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です