「親の職場見学」……子供の職場見学ではなく?

夏休みが始まりました。

うちの子はまだ保育園なので、「夏休み」もなにもありませんが……。

そんな「夏休み」など、子供の長期休暇に合わせ、子供が親の職場に来て、普段自分の親がどんなふうに働いているのか見てもらう「子供の職場見学」をする企業は、ぽつりぽつりとではありますが、増えてきました。

私の経験

私の父は、元裁判官なので、考えてみれば「職場見学」の機会は、数えられないほどあったはずですが、なぜか1回しか父の裁判を見に行かなかったですね。

何の裁判を見たかも忘れてしまいましたが、覚えているのは、国選弁護人の頼りなさです……。

いや、きっと国選弁護人にもいい人はいるのだと思いますが、あの「職場見学」で印象に残ったのは、法服を着ている父の姿ではなく、「将来万が一、被告なるものになることがあったら、私選弁護人を立てよう」という思いでした(^_^;)
……という、ドライな(?)子供もいますが、小学生・中学生くらいの子供には、「働く親の姿」を見せるのはきっといいでしょうね。

親が子供の職場を見に行く?

と、「子供の職場見学」について語ってしまいましたが、

面白い記事を発見しました。

Googleが、「親の職場見学」を始めたとのこと。

最近は、少子化の影響もあるのか、子供の就職活動に口を出す親も増えているようで、入社式に出たいという親もいるそうですが、そういう「世の中のトレンドを先取りして、むしろもっと積極的にこっちから打ち出してしまえ!」的なGoogleの動き、さすがです。
「親の職場見学」、日本支社でも行われているのかは、分かりませんが、

子どもの職場を見に来た親たちは皆、目に涙をためて感動しており、子どもとの距離が縮まったと喜び、感謝していたという。

という、親心は分かりますね。

これから少子化で、採用がどんどん難しくなっていくことが予想されます。よい採用をするためには、「家族」を味方につけることも大切だと語る採用コンサルタントもいます。

企業にも柔軟な考え方が要求されそうですね。
出典は東洋経済です。
http://toyokeizai.net/articles/-/77315?display=b

 

★遊部香からのお知らせ★
このブログのインタビューを受けてみたい方を募集しています!
あと10月1名、11月2名、12月1名です。
詳細・お申し込みはこちら

執筆者:遊部 香(あそべ かおり)

オフィス言の葉代表
インタビューライター


千葉県市川市を拠点に「インタビュー記事作成」「WEB文章設計・ライティング」などをしております。

が、このブログは8割がた趣味で運営しています(笑)

自分自身が多くの本やブログ、メルマガから「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」をもらったように、自分もその知識と経験、文章力で、誰かの今日と未来を輝かせるためのお手伝いができたら嬉しいなと思っています。

文章を書くのが仕事であり、趣味。純粋な趣味として、花や風景の写真を撮っています。

写真と「しあわせに生き、しあわせに働くヒント」になる文章を合わせた本をいつか出版したいな、と思っています。

>> 詳しいプロフィール
>> オフィス言の葉のサイト



【無料】素敵な仕事人紹介ブログからプレゼント!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です